Adobe Acrobat Pro DC、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Photo Mechanic 6.0 (build 5529)

アドビドキュメントクラウドのすべての新しい Adobe Acrobat Pro DC がここにあります。重要なビジネス文書での作業の方法を永遠に変えます。 Acrobat またはオンラインサービスのいずれかを使用して PDF を作成すると、ドキュメントの画像以上のものが得られます。編集、署名、共有、保護、検索が可能なスマートなファイルが得られます。さらに、どの画面でも正しく表示されることがわかります。Acrobat Reader モバイルアプリケーションを使用している場所であればどこでもドキュメント上で作業できます。モバイルデバイス上で PDF の変換、編集、署名に必要なすべてのツールが満載です。デバイスカメラを使用してドキュメント、ホワイトボード、または領収書をスキャンし、PDF.

Acrobat DC として保存することで、世界中の 10 億台以上のデバイスに電子署名機能を提供することもできます。誰でも、タッチ対応デバイスで指でドキュメントに合法的に署名することができます。ブラウザで数回クリックするだけです。サインアップアプリだけでなく、Adobe Acrobat Pro DC は、署名されたドキュメントの送信、追跡、保存も容易にします.

ユーザーは、ドキュメント、データ、デスクトップアプリケーションの最高レベルのセキュリティとコンプライアンスを維持しながら、世界最高の PDF ソリューションにアクセスできます。 Citrix XenApp、XenDesktop、および VMware Horizo​​n.

の Documenting Cloud サービスで Acrobat Pro DC を取得すると、次のことが可能になります。
どこでも仕事ができます。新しい Acrobat DC モバイルアプリケーションを使用して PDF を作成、編集、および署名します。また、モバイルリンクを使用して、デスクトップ、ウェブ、モバイルの最新ファイルにアクセスできます。何かを編集する。革新的な画像技術を使用して、PDF やスキャンしたドキュメントを他のファイルと同じように自然に編集できます。インクの署名を交換してください。完全な電子署名サービスを内蔵した署名付き文書の送信、追跡、管理、および保管。重要な文書を保護する。他人が機密情報を PDF でコピーまたは編集するのを防ぐ。一晩封筒を取り除く。文書を電子的に送信、追跡、確認する。注:30 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Photo Mechanic 6.0 (build 5529)
ファイル名 PM6SetupR5529.msi
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Adobe Systems Inc
更新日 https://acrobat.adobe.com/us/en/acrobat/acrobat-pro.html
更新時間 2021-02-09
ログを更新する

What's new in this version:

Both:
Added:
- Slideshow and Live Slideshow now have an option to keep the mouse cursor visible during the slideshow
- The Set GPS Coordinates dialog is now resizable
- New append (+) checkbox to Persons Shown in the Metadata Template dialog
- Updated PhotoDeck upload template to support two-factor authentication
- Contextual menu normalization between platforms. The order of menu items is now consistent between macOS and Windows. Also added separators on either side of Delete/Move to Trash menu items to make them less likely to be chosen by mistake

Fixed:
- Adjusting the Absolute date via the Date picker in the Adjust Capture Dates and Times dialog no longer adjusts the time as well when the date of the photo is outside of the editable bounds of dates supported by the OS
- Structured Keywords now draws Categories and Synonyms in different colors from Keywords. Synonyms are also drawn in boldface style
- Copy menu item on contextual menus for Contact Sheet and Preview renamed to Copy/Move to better indicate the available options when choosing that menu item
- Load Selection now preloads metadata (to get filenames) prior to attempting to select them
- Location Taken fields not participating in metadata recent items
- Sync Color Class with IPTC Urgency preference description updated to reflect more closely how the preference works

Windows:
- Added: Long paths are now supported. If a folder located on a path that is longer than 260 characters is opened as a contact sheet, it will open and work normally, but it won’t participate in the “Open Recent” documents submenu on the File menu.

Fixed:
- Using Ctrl-C to copy selected text in the Info text pane of the Preview window now works correctly
- The default location for the cache folder is now the user’s local app data directory
- "Photo Mechanic Shell Extension CreateProcess failed" error when opening a folder in Photo Mechanic from Windows Explorer
- Missing Favorites cannot be removed permanently
- Favorites can now copy and move folders
- Metadata popup menus: recent metadata items get mixed in with submenus when the overall list of items is long. Now, recent metadata items get their own “Recent Items” submenu
- Emailing on Windows does not produce separate email for each photo when desired
- Separate emails now evaluate variables for each email
- Unable to bring the Preview window forward after opening the Structured Keywords panel when the Structured Keywords panel is opened via keyboard shortcut

ファイルのダウンロード Download
  • Adobe Acrobat Pro DC Screenshot 1Adobe Acrobat Pro DC Screenshot 2Adobe Acrobat Pro DC Screenshot 3