AdwCleaner、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

BriskBard 1.6.5

AdwCleaner は、アドウェア、ツールバー、潜在的に望ましくないプログラム(PUP)、およびブラウザからのハイジャッカーをコンピュータから検索して削除するプログラムです。 AdwCleaner を使用すると、これらの種類のプログラムの多くを簡単に削除して、コンピュータ上のユーザーエクスペリエンスを向上させたり、Web を閲覧したりすることができます。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します! AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。今すぐアドウェアやその他の不要なプログラムを削除してください!

あなたの PC は動いていますか?これは、アドウェア、潜在的に不要なプログラム(PUP)、またはブラウザのハイジャッカーで溢れている可能性があります。 Malwarebytes AdwCleaner は、あなたのコンピュータのパフォーマンスを遅く妨げてしまう有害なプログラムを削除します.

AdwCleaner の対象となるタイプのプログラムは、通常、Web からダウンロードする無料のプログラムにバンドルされています。多くの場合、プログラムをダウンロードしてインストールすると、インストールされると、これらのプログラムがダウンロードしたプログラムとともにインストールされることが示されます。カスタムインストールを実行しない限り、不要なプログラムが自動的にコンピュータにインストールされ、ブラウザのツールバー、アドウェア、その他の不要なプログラムが残されます。 AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。 AdwCleaner は、これらの種類のプログラムを検索して削除するように設計されています。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します.

adware
とは何ですか?adware は不要な広告を表示するソフトウェアです。ポップアップウィンドウやコンピュータやブラウザのツールバーに表示される広告によってサポートされるフリーソフトウェアの一種でもあります。ほとんどのアドウェアは迷惑ですが安全です。しかし、あなたの個人情報を収集したり、訪問したウェブサイトを追跡したり、キーストロークを記録したりするために使用されているものもあります.

スパイウェアのようなアドウェアは
から出てきます。アドウェアはほとんどの場合フリーソフトウェアに組み込まれています。セキュリティホール.

adware
を認識する方法以前に見たことがないアプリケーションで広告がポップアップし始めると、デバイスがおそらくアドウェアに感染している可能性があります。ポップアップは、インターネットをブラウズしていないときでも、コンピュータのデスクトップに表示されることがあります。また、ブラウザのホームページが変更されている可能性があります。あなたは、あなたのデバイスが感染しているかどうかをチェックするためにアドウェアスキャナ(すべてのアドウェア除去ツールに含まれています)を使用することができます.

アドウェアを防止する方法
アドウェアクリーナーでアンチウィルスを使用します。お使いのブラウザ、オペレーティングシステム、ソフトウェアに最新のアップデートとセキュリティパッチが適用されていることを確認してください。インターネットを使用している場合は、ファイアウォールをオンにします。 Windows PC 用の AdwCleaner を今すぐダウンロードしてください!

注:プログラムはインストールが必要ではありません。AdwCleaner はポータブルバージョンプログラムです.8997423

ファイルのバージョン BriskBard 1.6.5
ファイル名 BriskBard_Installer.exe
ファイルサイズ 47.6 MB
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Malwarebytes Corp
更新日 https://www.malwarebytes.com/adwcleaner/
更新時間 2018-06-06
ログを更新する

What's new in this version:

BriskBard 1.6.5
- BriskBard 1.6.5 includes the latest web rendering engine version that will make web developers happy thanks to the new APIs and tons of JavaScript and CSS support improvements, but regular Internet users will also be glad to know that this engine has more than 30 security fixes. As always, this BriskBard version includes some interface improvements and bug fixes reported by the users, in addition to the latest Indy and SQLite versions

These are the new features:
- The Blink rendering engine has been upgraded to 67.0.3396.62
- The Indy and SQLite components have been updated to the latest version
- Now favicons are used even when there none with the normal size
- Fixed a bug with some downloads that used encoded URLs
- Now the "Go to..." option in the context menu opens a new background tab


BriskBard 1.6.4
- Simplify your Internet navigation with the latest BriskBard version. Enjoy the new bookmark options and the new user interface features that will make your Internet experience even more comfortable


BriskBard 1.6.3
- Improve you Internet browsing experience with BriskBard 1.6.3 and enjoy the new configuration options, enhanced audio support and an even safer navigation


BriskBard 1.6.2
- The Blink rendering engine has been upgraded to 64.0.3282.119
- New "Site per process" security option in web browser tabs using the Blink engine
- Now you can use HTTP, SOCKS v4 and SOCKS v5 proxy servers in web browser tabs using the Blink engine
- New context menu options to duplicate tabs and reopen closed tabs
- New section in the web browser configuration window for all tab related settings
- New web browser settings option to open the same tabs the user was using when BriskBard was closed
- New web browser settings option to open a set of web pages on startup
- Added the enhanced video renderer (EVR) to the media player tabs
- SQLite has been updated to the latest version
- Fixed a bug downloading files with BLOB addresses used by Mega.nz


BriskBard 1.6.1

New features:
- The Blink rendering engine has been upgraded to 63.0.3239.109
- The Indy and OpenSSL components have been updated to the latest version
- The French language is now available in the user interface thanks to Christian
- There's a new option to show a Speed Dial when you open a new web browser tab
- Now it's possible to save a web page as a PNG image

Bug fixes:
- Improved responsiveness when you resize popup windows
- Now the settings are saved correctly


BriskBard 1.6.0

New features:
- The Blink rendering engine has been upgraded to 62.0.3202.75
- SQLite has been updated to the latest version
- Added a portable mode to run BriskBard from an external device without OS installation
- Now the web browser has a new private mode
- The keyboard shortcut Control+Shift+N has been activated to open new web browser tabs in private mode
- Added a context menu option to open web links in private mode
- The IRC-Hispano bookmarks have been updated

Bug fixes:
- The application initialization has been improved
- Fixed a bug reading the server information in popup windows
- Now the phishing threat updates will be disabled when the user disables the phishing protection in the configuration
- Fickering removed from the downloads window

ファイルのダウンロード Download
  • AdwCleaner Screenshot 1AdwCleaner Screenshot 2AdwCleaner Screenshot 3AdwCleaner Screenshot 4AdwCleaner Screenshot 5