AdwCleaner、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Joplin 1.4.12

AdwCleaner は、アドウェア、ツールバー、潜在的に望ましくないプログラム(PUP)、およびブラウザからのハイジャッカーをコンピュータから検索して削除するプログラムです。 AdwCleaner を使用すると、これらの種類のプログラムの多くを簡単に削除して、コンピュータ上のユーザーエクスペリエンスを向上させたり、Web を閲覧したりすることができます。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します! AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。今すぐアドウェアやその他の不要なプログラムを削除してください!

あなたの PC は動いていますか?これは、アドウェア、潜在的に不要なプログラム(PUP)、またはブラウザのハイジャッカーで溢れている可能性があります。 Malwarebytes AdwCleaner は、あなたのコンピュータのパフォーマンスを遅く妨げてしまう有害なプログラムを削除します.

AdwCleaner の対象となるタイプのプログラムは、通常、Web からダウンロードする無料のプログラムにバンドルされています。多くの場合、プログラムをダウンロードしてインストールすると、インストールされると、これらのプログラムがダウンロードしたプログラムとともにインストールされることが示されます。カスタムインストールを実行しない限り、不要なプログラムが自動的にコンピュータにインストールされ、ブラウザのツールバー、アドウェア、その他の不要なプログラムが残されます。 AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。 AdwCleaner は、これらの種類のプログラムを検索して削除するように設計されています。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します.

adware
とは何ですか?adware は不要な広告を表示するソフトウェアです。ポップアップウィンドウやコンピュータやブラウザのツールバーに表示される広告によってサポートされるフリーソフトウェアの一種でもあります。ほとんどのアドウェアは迷惑ですが安全です。しかし、あなたの個人情報を収集したり、訪問したウェブサイトを追跡したり、キーストロークを記録したりするために使用されているものもあります.

スパイウェアのようなアドウェアは
から出てきます。アドウェアはほとんどの場合フリーソフトウェアに組み込まれています。セキュリティホール.

adware
を認識する方法以前に見たことがないアプリケーションで広告がポップアップし始めると、デバイスがおそらくアドウェアに感染している可能性があります。ポップアップは、インターネットをブラウズしていないときでも、コンピュータのデスクトップに表示されることがあります。また、ブラウザのホームページが変更されている可能性があります。あなたは、あなたのデバイスが感染しているかどうかをチェックするためにアドウェアスキャナ(すべてのアドウェア除去ツールに含まれています)を使用することができます.

アドウェアを防止する方法
アドウェアクリーナーでアンチウィルスを使用します。お使いのブラウザ、オペレーティングシステム、ソフトウェアに最新のアップデートとセキュリティパッチが適用されていることを確認してください。インターネットを使用している場合は、ファイアウォールをオンにします。 Windows PC 用の AdwCleaner を今すぐダウンロードしてください!

注:プログラムはインストールが必要ではありません。AdwCleaner はポータブルバージョンプログラムです.8997423

ファイルのバージョン Joplin 1.4.12
ファイル名 Joplin-Setup-1.4.12.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Malwarebytes Corp
更新日 https://www.malwarebytes.com/adwcleaner/
更新時間 2020-11-26
ログを更新する

What's new in this version:

Changes:
- If you use the Clipper API, please note that there are a few breaking changes in this version
- Plugins: joplin.views.dialogs.open() now returns an object instead of the button ID that was clicked. So for example instead of getting just "ok", you will get { "id": "ok" }. This is to allow adding form data to that object.

Deprecated:
The following features are deprecated. It will still work for now but please update your code:
- Plugins: All create() functions under joplin.views now take a viewId as a first parameter
- Plugins: MenuItemLocation.Context is deprecated and is now an alias for MenuItemLocation.NoteListContextMenu
- Plugins: The app_min_version manifest property is now required. If not provided it will assume v14
- Plugins: The id manifest property is now required. If not set, it will be the plugin filename or directory

New:
- Add {{bowm}} and {{bows}} - Beginning Of Week (Monday/Sunday)
- Add config screen to add, remove or enable, disable plugins
- Add option to toggle spellchecking for the markdown editor
- Added toolbar button to switch spell checker language
- Adds spell checker support for Rich Text editor
- Allow customising application layout
- Api: Added ability to watch resource file
- Api: Added way to get the notes associated with a resource
- API: Adds ability to paginate data
- Plugins: Add command "editorSetText" for desktop app
- Plugins: Add support for editor context menu
- Plugins: Add support for external CodeMirror plugins
- Plugins: Add support for JPL archive format
- Plugins: Added command to export folders and notes
- Plugins: Added support app_min_version property and made it required

Fixed:
- Api: Fix note and resource association end points
- Display note count for conflict folder, and display notes even if they are completed to-dos
- Fix crash due to React when trying to upgrade sync target
- Fix drag and drop behaviour to "copy" instead of "move"
- Fix handling of certain keys in shortcut editor
- Fix handling of new line escaping when using external edit
- Fix size of search bar area when notebook is empty
- Fixed importing certain ENEX files that contain invalid dates
- Fixed inconsistent note list state when using search (#3904)
- Fixed issue when a newly created note would be automatically moved to the wrong folder on save
- Fixed issue with note being saved after word has been replaced by spell checker
- Fixed links imported from ENEX as HTML (#4119)
- Fixed Markdown rendering when code highlighting is disabled
- Fixed note list overflow when resized very small
- Fixed text editor button tooltips
- Plugins: Fix crash when path includes trailing slash
- Plugins: Fixed issue with dialog being empty in some cases
- Plugins: Fixed issue with toolbar button key not being unique
- Prevent log from filling up when certain external editors trigger many watch events
- Regression: Fix application name
- Regression: Fix exporting to HTML and PDF
- Regression: Fixed external edit file watching
- Resource links could not be opened from Rich Text editor on Linux
- Tags could not be selected in some cases (#3876)

Improved:
- Allow exporting conflict notes
- Allow lowercase filters when doing search
- Api: Always include 'has_more' field for paginated data
- Api: Make sure pagination sort options are respected for search and other requests
- Attempt to fix Outlook drag and drop on Markdown editor
- Change Markdown rendering to align with CommonMark spec
- Disable spell checker on config and search input fields
- Disabled the auto update option in linux
- Make Markdown editor selection more visible in Dark mode
- Optimized resizing window
- Plugins: Allow retrieving form values from dialogs
- Plugins: Force plugin devtool dialog to be detached
- Plugins: Make sure "replaceSelection" command can be undone in Rich Text editor
- Plugins: Provides selected notes when triggering a command from the note list context menu
- Plugins: Rename command "editorSetText" to "editor.setText"
- Prevent lines from shifting in Markdown Editor when Scrollbar appears
- Put title bar and toolbar button over two lines when window size is below 800px
- Refresh sidebar and notes when moving note outside of conflict folder
- Upgrade to Electron 10

ファイルのダウンロード Download
  • AdwCleaner Screenshot 1AdwCleaner Screenshot 2AdwCleaner Screenshot 3AdwCleaner Screenshot 4AdwCleaner Screenshot 5