AdwCleaner、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Fre:ac 1.1.3

AdwCleaner は、アドウェア、ツールバー、潜在的に望ましくないプログラム(PUP)、およびブラウザからのハイジャッカーをコンピュータから検索して削除するプログラムです。 AdwCleaner を使用すると、これらの種類のプログラムの多くを簡単に削除して、コンピュータ上のユーザーエクスペリエンスを向上させたり、Web を閲覧したりすることができます。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します! AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。今すぐアドウェアやその他の不要なプログラムを削除してください!

あなたの PC は動いていますか?これは、アドウェア、潜在的に不要なプログラム(PUP)、またはブラウザのハイジャッカーで溢れている可能性があります。 Malwarebytes AdwCleaner は、あなたのコンピュータのパフォーマンスを遅く妨げてしまう有害なプログラムを削除します.

AdwCleaner の対象となるタイプのプログラムは、通常、Web からダウンロードする無料のプログラムにバンドルされています。多くの場合、プログラムをダウンロードしてインストールすると、インストールされると、これらのプログラムがダウンロードしたプログラムとともにインストールされることが示されます。カスタムインストールを実行しない限り、不要なプログラムが自動的にコンピュータにインストールされ、ブラウザのツールバー、アドウェア、その他の不要なプログラムが残されます。 AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。 AdwCleaner は、これらの種類のプログラムを検索して削除するように設計されています。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します.

adware
とは何ですか?adware は不要な広告を表示するソフトウェアです。ポップアップウィンドウやコンピュータやブラウザのツールバーに表示される広告によってサポートされるフリーソフトウェアの一種でもあります。ほとんどのアドウェアは迷惑ですが安全です。しかし、あなたの個人情報を収集したり、訪問したウェブサイトを追跡したり、キーストロークを記録したりするために使用されているものもあります.

スパイウェアのようなアドウェアは
から出てきます。アドウェアはほとんどの場合フリーソフトウェアに組み込まれています。セキュリティホール.

adware
を認識する方法以前に見たことがないアプリケーションで広告がポップアップし始めると、デバイスがおそらくアドウェアに感染している可能性があります。ポップアップは、インターネットをブラウズしていないときでも、コンピュータのデスクトップに表示されることがあります。また、ブラウザのホームページが変更されている可能性があります。あなたは、あなたのデバイスが感染しているかどうかをチェックするためにアドウェアスキャナ(すべてのアドウェア除去ツールに含まれています)を使用することができます.

アドウェアを防止する方法
アドウェアクリーナーでアンチウィルスを使用します。お使いのブラウザ、オペレーティングシステム、ソフトウェアに最新のアップデートとセキュリティパッチが適用されていることを確認してください。インターネットを使用している場合は、ファイアウォールをオンにします。 Windows PC 用の AdwCleaner を今すぐダウンロードしてください!

注:プログラムはインストールが必要ではありません。AdwCleaner はポータブルバージョンプログラムです.8997423

ファイルのバージョン Fre:ac 1.1.3
ファイル名 freac-1.1.3-windows-x64.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Malwarebytes Corp
更新日 https://www.malwarebytes.com/adwcleaner/
更新時間 2020-10-12
ログを更新する

What's new in this version:

General changes:
- Added support for macOS 11.0 Big Sur
- Switched to using GNUdb as the default CDDB database service

Improvements:
- Command line codec configuration now allows specifying additional arguments
- Improved cue sheet encoding detection to support system codepage and UTF-8 without BOM
- freaccmd now splits cue sheets to individual tracks unless an output file is specified
- freaccmd now supports a --split-chapters option to split files into individual chapters
- Added <profile> placeholder for output folder configuration setting, resolving to user profile
- Added file type and audio CD associations to Linux/FreeBSD and Windows Store app
- Added an option to suppress "No entry found" messages for automatic CDDB queries
- Improved detection of sampler CDs when querying CDDB information

Bug fixes:
- Fixed possible conversion thread hangs when using external encoders
- Fixed possible crash related to drag & drop handling on Windows
- Fixed crash when writing fields containing only whitespace to certain tag formats
- Fixed glitches in WAV/AIFF output when processing samples outside the -1.0/+1.0 range
- Fixed possible hangs when opening WAV/AIFF files > 2 GB or with a broken chunk structure
- Fixed inability to open WAV/AIFF files with long paths on Windows
- Fixed writing wrong offsets to single file cue sheets when the resampling DSP filter is enabled
- Fixed writing invalid chapter offsets to Opus files with source sample rates other than 48 kHz
- Fixed writing invalid MP3 bitstreams in rare cases in SuperFast mode
- Fixed wrong length detection for MP3 files with invalid chapter data
- Fixed parsing of cue sheets with minute/second values missing leading zeros or longer 99min
- Fixed parsing of embedded cue sheets without FILE designations
- Fixed ripping progress for other drives stalling while one drive is ejecting
- Fixed inability to pause or stop single output file verification
- Fixed log files being archived despite disabling the corresponding option
- Fixed various issues with multi-monitor support on macOS
- Fixed user interface glitches after closing dialogs in tabbed mode on macOS
- Fixed Shift+Pos1/End shortcuts being interpreted by the joblist and edit fields simultaneously

Codec support:
- Switched from libav 12.3 to FFmpeg 4.3.1 for auxiliary format support
- Added support for using the Core Audio codec of iTunes 12.10.9 and later

ファイルのダウンロード Download
  • AdwCleaner Screenshot 1AdwCleaner Screenshot 2AdwCleaner Screenshot 3AdwCleaner Screenshot 4AdwCleaner Screenshot 5