AdwCleaner、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Electron 17.0.0 (64-bit)

AdwCleaner は、アドウェア、ツールバー、潜在的に望ましくないプログラム(PUP)、およびブラウザからのハイジャッカーをコンピュータから検索して削除するプログラムです。 AdwCleaner を使用すると、これらの種類のプログラムの多くを簡単に削除して、コンピュータ上のユーザーエクスペリエンスを向上させたり、Web を閲覧したりすることができます。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します! AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。今すぐアドウェアやその他の不要なプログラムを削除してください!

あなたの PC は動いていますか?これは、アドウェア、潜在的に不要なプログラム(PUP)、またはブラウザのハイジャッカーで溢れている可能性があります。 Malwarebytes AdwCleaner は、あなたのコンピュータのパフォーマンスを遅く妨げてしまう有害なプログラムを削除します.

AdwCleaner の対象となるタイプのプログラムは、通常、Web からダウンロードする無料のプログラムにバンドルされています。多くの場合、プログラムをダウンロードしてインストールすると、インストールされると、これらのプログラムがダウンロードしたプログラムとともにインストールされることが示されます。カスタムインストールを実行しない限り、不要なプログラムが自動的にコンピュータにインストールされ、ブラウザのツールバー、アドウェア、その他の不要なプログラムが残されます。 AdwCleaner オフラインインストーラセットアップをダウンロードします。 AdwCleaner は、これらの種類のプログラムを検索して削除するように設計されています。 AdwCleaner は、不要なプログラムやマルウェアをコンピュータから解放します.

adware
とは何ですか?adware は不要な広告を表示するソフトウェアです。ポップアップウィンドウやコンピュータやブラウザのツールバーに表示される広告によってサポートされるフリーソフトウェアの一種でもあります。ほとんどのアドウェアは迷惑ですが安全です。しかし、あなたの個人情報を収集したり、訪問したウェブサイトを追跡したり、キーストロークを記録したりするために使用されているものもあります.

スパイウェアのようなアドウェアは
から出てきます。アドウェアはほとんどの場合フリーソフトウェアに組み込まれています。セキュリティホール.

adware
を認識する方法以前に見たことがないアプリケーションで広告がポップアップし始めると、デバイスがおそらくアドウェアに感染している可能性があります。ポップアップは、インターネットをブラウズしていないときでも、コンピュータのデスクトップに表示されることがあります。また、ブラウザのホームページが変更されている可能性があります。あなたは、あなたのデバイスが感染しているかどうかをチェックするためにアドウェアスキャナ(すべてのアドウェア除去ツールに含まれています)を使用することができます.

アドウェアを防止する方法
アドウェアクリーナーでアンチウィルスを使用します。お使いのブラウザ、オペレーティングシステム、ソフトウェアに最新のアップデートとセキュリティパッチが適用されていることを確認してください。インターネットを使用している場合は、ファイアウォールをオンにします。 Windows PC 用の AdwCleaner を今すぐダウンロードしてください!

注:プログラムはインストールが必要ではありません。AdwCleaner はポータブルバージョンプログラムです.8997423

ファイルのバージョン Electron 17.0.0 (64-bit)
ファイル名 electron-v17.0.0-win32-x64.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Malwarebytes Corp
更新日 https://www.malwarebytes.com/adwcleaner/
更新時間 2022-02-01
ログを更新する

What's new in this version:

Changed:
- desktopCapturer.getSources is now only available in the main process

Features:
Additions:
- Added WebHID support
- Added commandLine.removeSwitch to allow apps to remove command line switches from Chromiums internal command line representation
- Added textWidth option to dialog.showMessageBox() / dialog.showMessageBoxSync()
- Added webContents.getMediaSourceId(), can be used with getUserMedia to get a stream for a WebContents
- Added missing info to in-app purchase's transaction and product structures
- Added new data parameter to app.requestSingleInstanceLock()
- Added warning when ipcRenderer.sendSync() is called with no listeners for channel on ipcMain
- Began passing securityOrigin in details for permission request handlers for media requests in addition to permission check handlers
- Support obsolete blowfish ciphers bf-{cbc,cfb,ecb} through the Node.js crypto API

Removed/Deprecated:
- Deprecates webContents.getPrinters() and introduces webContents.getPrintersAsync()

Fixed:
- maxWidth not working in BrowserWindow constructor options
- VoiceOver not reading typed words correctly in MAS builds
- a crash when starting VoiceOver on macOS
- a potential crash in v8 by using allocation type: kOld in v8 ScriptOrModule legacy lifetime
- an issue where calling screen capture on macOS does not properly release underlying OS capture mechanisms
- issue where not all serial devices were exposed to the handler specified by session.setDevicePermissionHandler
- an issue with transparent windows failing to fire the maximize and unmaximize events on Windows
- draggable regions not updating unless a relayout occurs

ファイルのダウンロード Download
  • AdwCleaner Screenshot 1AdwCleaner Screenshot 2AdwCleaner Screenshot 3AdwCleaner Screenshot 4AdwCleaner Screenshot 5