AIDA64 Extreme Edition、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blockbench 3.5.0 (64-bit)

AIDA64 Extreme Edition は、ハードウェアとインストールされたソフトウェアの両方について非常に詳細な情報を提供するだけでなく、ユーザーが問題を診断し、コンピュータのパフォーマンスを測定するためのベンチマークを提供する、世界中の PC 愛好家に愛される業界最高のシステム情報ツールです。

AIDA64 Extreme は、同クラスでは比類のないハードウェア検出エンジンを備えています。インストールされたソフトウェアに関する詳細情報を提供し、診断機能とオーバークロックのサポートを提供します。リアルタイムでセンサを監視しているため、正確な電圧、温度、ファン速度の読み取り値を収集することができ、その診断機能はハードウェアの問題の検出と防止に役立ちます。また、個々のハードウェアコンポーネントのパフォーマンスまたはシステム全体のパフォーマンスを測定するための 2 つのベンチマークも提供しています。これは、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2.

AIDA64 Extreme Features:

Diagnostics
AIDA64 など、すべての 32 ビットおよび 64 ビット Windows エディションと互換性があり、ハードウェア構成に関する 50 ページ以上の情報と、インストールされたプログラム、ソフトウェアライセンス、セキュリティアプリケーション、および Windows の設定に基づいています.

ストレステスト
AIDA64 システム安定性テストでは、64 ビットのマルチスレッドストレステストモジュールを使用して、コンピュータを絶対最大限まで駆動します。ハードディスク、SSD、OpenCL GPGPU ビデオアダプタのストレステストも利用可能です.

Accuracy
AIDA64 は、クラス内で最も正確なハードウェア検出機能を備え、コンピュータ内部を詳細に表示する必要はありません。ハードウェア検出モジュールは、176,000 件を超える網羅的なハードウェアデータベースによって強化されています.

ソフトウェア監査
AIDA64 は、インストールされたプログラム、ソフトウェアライセンス、セキュリティアプリケーション、および Windows 設定に関する 50 ページ以上の情報を提供します。開始されたプロセス、サービス、DLL ファイル、スタートアッププログラム、および訪問済み Web ページのリストも利用可能です.

外部ディスプレイのサポート
AIDA64 は、コンピュータに接続されたさまざまな LCD / VFD デバイスに重要なシステムデータを表示できます。最新の AIDA64 リリースは、50 以上の LCD と VFD 画面をサポートし、スマートフォンとタブレット上のセンサ値のワイヤレスリモートモニタリングを導入しています.

測定値
AIDA64 は 250 種類以上のさまざまなセンサデバイスをサポートし、温度、電圧、ファン速度、測定値は、システムトレイのアイコン、OSD パネル、デスクトップガジェット、Logitech G15 / G19 ゲーミングキーボード LCD、および Razer SwitchBlade LCD.

で表示することができます。中小企業向けの管理ソリューション AIDA64 Business Edition をダウンロードすることもできます.8997423

ファイルのバージョン Blockbench 3.5.0 (64-bit)
ファイル名 Blockbench_3.5.0.exe
ファイルサイズ 51.4 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Trial
著者 FinalWire Ltd.
更新日 http://www.aida64.com/products/aida64-extreme
更新時間 2020-04-25
ログを更新する

What's new in this version:

Changes:
- Toggle to lock elements
- Added 1.15 modded entity export
- Vertex snap tool now supports pivot points
- Added setting for larger block grid (#575 )
- Added ability to load plugins from an URL
- Added separate theme color for window frame
- #562 Toggle token visibility button
- Added isometric camera angle presets
- Added loading screen icon
- Add group indentation guide line in outliner
- Display mode and color palette presets are now available via dropdown menu
- Import/export dialogs now remember their last location depending on asset type
- Molang-based animations are now sampled to work in glTF/Sketchfab
- Visible bound boxes are no longer overwritten with smaller values
- Added "vector" type to dialog form API

Bugfixes:
- Rotation animation steps of more than 180 degrees are not correctly exported to glTF
- Fixed issue with rotated faces in face-UV template generator
- Fixed pixel graphic rendering in Firefox
- Animations overwriting
- Decimal place of cube size and position are locked together
- UV wont reposition correctly when re-doing template that requires a different resolution
- Texture window doesn't scroll to the correct location when selecting a face
- Bone names allow capital letters
- UV Window menu doesn't display texture preview
- Dialog pops up when I update a texture from my image editing software

ファイルのダウンロード Download
  • AIDA64 Extreme Edition Screenshot 1AIDA64 Extreme Edition Screenshot 2AIDA64 Extreme Edition Screenshot 3AIDA64 Extreme Edition Screenshot 4AIDA64 Extreme Edition Screenshot 5