AIMP、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.28.0 (64-bit)

AIMP は、音質と幅広くカスタマイズ可能な機能を念頭に設計されたフル機能の音楽プレーヤーです。 30 種類のオーディオフォーマットがサポートされています。オーディオは、クリスタルクリアなサウンドのために 32 ビットで処理されます。このプレーヤーには、サウンドエフェクトを内蔵した 18 バンドグラフィックイコライザーが搭載されています。既存の機能を拡張して、Winamp から Input、DSP、Gen プラグインを追加することができます。すべてのローカルおよびグローバルホットキーはカスタマイズ可能です。完全な Unicode サポート。オーディオ CD を MP3、OGG、WAV または WMA に変換することができます。同様に、あなたの PC 上の任意のオーディオデバイスから MP3、OGG、WAV または WMA フォーマットにサウンドを取り込むことができます。無料のダウンロードボタンをクリックして、当社のサイトから PC オフラインインストーラー用の AIMP をダウンロードできます。ボタンをクリックしてください.



AIMP 主な特長と機能:
出力サポート
DirectSound / ASIO / WASAPI 18 バンドイコライザーとビルトインサウンドエフェクト
リバーブ、フランジャー、コーラス、ピッチ、テンポ、エコー、スピード、ベース、エンハンサー、リムーバーマルチフォーマット再生:
.CDA、.AAC、.AC3、.APE、.DTS、.FLAC、.IT、.MIDI、.MO3、.MOD、.M4A、.M4B 、.MP1、.MP2、.MP3、.MPC、.MTM、.OFR、.OGG、.RMI、.S3M、.SPX、.TAK、.TA、.UMX、.WAV、.WMA、.WV、。 XM 32 ビットおよび 64 ビットオーディオ処理
最高の品質をお届けします!複数のプレイリストを操作する
他の素晴らしい機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスで作業するブックマークと再生キューを作成する CUE シートは plugins
をサポートします新しい Utils を追加したり、既存の LastFM Scrobbler インターネットを拡張することができます radio
Listen and OGG / WAV / MP3 / AAC / AAC + のフォーマットに変換します。 MP3 / AAC / AAC + 形式のストリームをキャプチャマルチユーザモード support
複数のユーザが 1 台のコンピュータで作業していますか?これは問題ありません!多言語インタフェース Tag Editor
あなたは簡単にオーディオファイルのタグを編集し、ファイルのグループの名前を変更したり、テンプレートでファイルをソートしたり、ファイルのグループにタグを適用することができます Hotkeys
あなたが望むようにローカルとグローバルのホットキーを設定してください!ファイル search
開いているすべての再生リストのファイルを検索する Alarm Clock
スムーズな音量で選択したトラックの再生開始時刻を選択できます。自動シャットダウン computer
お気に入りの音楽を聴きながら眠ることができます。フレキシブルなプログラムオプション

ファイルのバージョン Postman 7.28.0 (64-bit)
ファイル名 Postman-win64-7.28.0-Setup.exe
ファイルサイズ 87.07 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 AIMP DevTeam
更新日 http://www.aimp.ru/
更新時間 2020-07-13
ログを更新する

What's new in this version:

Improvements:
- We've made several improvements to the request authoring experience by making the app easier to navigate and customize #7035, #5903: You can now drag the request and response panes, the sidebar, and the Find and Replace pane to resize and collapse them. We have also removed the top-level scroll to fix the scroll-within-a-scroll issue.

We have also improved the debugging experience by showing Console data directly in the app:
- When inspecting a response, you can now view the pre-request scripts, tests, and request logs by selecting the Console button on the app footer
- You can also access the same Console pane from the Collection Runner, allowing you to get right to debugging all your runs without a moment's delay
- When sending requests, the “Use next generation URL processing” setting will be enabled by default. Learn more about this URL processing system
- You can now join any workspace you don’t already belong to directly from the workspace switcher

Bug Fixes:
- Fixed an issue when editing a JSON request body where Postman variables with escaped characters would not be highlighted correctly
- Fixed an issue when editing a GraphQL request body where the String type was incorrectly highlighted as missing type
- Fixed a bug when uploading a profile picture with a transparent background, where the stock picture would still be visible behind the user’s picture
- Fixed an issue where importing schemas via links wasn’t working
- Fixed an issue where code snippets for cURL, Java, NodeJS, Python, and Swift didn’t have correctly escaped single quotes in the URL

ファイルのダウンロード Download
  • AIMP Screenshot 1AIMP Screenshot 2AIMP Screenshot 3AIMP Screenshot 4AIMP Screenshot 5