AIMP、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.21.0 (64-bit)

AIMP は、音質と幅広くカスタマイズ可能な機能を念頭に設計されたフル機能の音楽プレーヤーです。 30 種類のオーディオフォーマットがサポートされています。オーディオは、クリスタルクリアなサウンドのために 32 ビットで処理されます。このプレーヤーには、サウンドエフェクトを内蔵した 18 バンドグラフィックイコライザーが搭載されています。既存の機能を拡張して、Winamp から Input、DSP、Gen プラグインを追加することができます。すべてのローカルおよびグローバルホットキーはカスタマイズ可能です。完全な Unicode サポート。オーディオ CD を MP3、OGG、WAV または WMA に変換することができます。同様に、あなたの PC 上の任意のオーディオデバイスから MP3、OGG、WAV または WMA フォーマットにサウンドを取り込むことができます。無料のダウンロードボタンをクリックして、当社のサイトから PC オフラインインストーラー用の AIMP をダウンロードできます。ボタンをクリックしてください.



AIMP 主な特長と機能:
出力サポート
DirectSound / ASIO / WASAPI 18 バンドイコライザーとビルトインサウンドエフェクト
リバーブ、フランジャー、コーラス、ピッチ、テンポ、エコー、スピード、ベース、エンハンサー、リムーバーマルチフォーマット再生:
.CDA、.AAC、.AC3、.APE、.DTS、.FLAC、.IT、.MIDI、.MO3、.MOD、.M4A、.M4B 、.MP1、.MP2、.MP3、.MPC、.MTM、.OFR、.OGG、.RMI、.S3M、.SPX、.TAK、.TA、.UMX、.WAV、.WMA、.WV、。 XM 32 ビットおよび 64 ビットオーディオ処理
最高の品質をお届けします!複数のプレイリストを操作する
他の素晴らしい機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスで作業するブックマークと再生キューを作成する CUE シートは plugins
をサポートします新しい Utils を追加したり、既存の LastFM Scrobbler インターネットを拡張することができます radio
Listen and OGG / WAV / MP3 / AAC / AAC + のフォーマットに変換します。 MP3 / AAC / AAC + 形式のストリームをキャプチャマルチユーザモード support
複数のユーザが 1 台のコンピュータで作業していますか?これは問題ありません!多言語インタフェース Tag Editor
あなたは簡単にオーディオファイルのタグを編集し、ファイルのグループの名前を変更したり、テンプレートでファイルをソートしたり、ファイルのグループにタグを適用することができます Hotkeys
あなたが望むようにローカルとグローバルのホットキーを設定してください!ファイル search
開いているすべての再生リストのファイルを検索する Alarm Clock
スムーズな音量で選択したトラックの再生開始時刻を選択できます。自動シャットダウン computer
お気に入りの音楽を聴きながら眠ることができます。フレキシブルなプログラムオプション

ファイルのバージョン Postman 7.21.0 (64-bit)
ファイル名 Postman-win64-7.21.0-Setup.exe
ファイルサイズ 77.99 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 AIMP DevTeam
更新日 http://www.aimp.ru/
更新時間 2020-03-23
ログを更新する

What's new in this version:

- Added descriptions for Request Timeout and Max Response Size options in App Settings
- Show a warning for credentials that need encoding in OAuth2 client credentials grant type
- Added additional parameter "Expires" by default when adding a new Cookie manually in Manage Cookies modal
- Performance improvements in History Sidebar
- Added application/vnd.api+json to the list of header autocomplete suggestions
- Added ability to disable saving response when user does not have permissions to edit the request
- Fixed an issue where open tabs in the current workspace were not shown on launching the app
- Better memory usage for tabs with optimised memory management for recently closed tabs
- Fixed a bug where the workspace create modal had pre-populated name of the last workspace created
- Fixed a bug where renaming a request while a filter was set in collection sidebar expanded all items again
- Fix missing fork label on Collection Explorer in Runner
- Fix missing total run time in runner's export run result
- Runner Results shows "No Environment" on retry even if environment is used
- Fixed a bug where opening OAuth2 manage tokens dialog was causing error
- Fixed a bug where contents in the request builder tab would overflow in small window size
- Fixed a bug where API sidebar items were not scrolling into view when navigating using key-press
- Added support for proxy server authentication for accessing Postman's online features
- Added support for visualizing whitespaces and highlighting invalid characters
- Live preview of headers, query and body params in request
- Added an option to toggle encoding of Authorization header in OAuth1
- Conflict Resolution UI
- Updated the "create new API" flow from the Launchpad and the "+ New" button

ファイルのダウンロード Download
  • AIMP Screenshot 1AIMP Screenshot 2AIMP Screenshot 3AIMP Screenshot 4AIMP Screenshot 5