AIMP、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 12.1.0 (64-bit)

AIMP は、音質と幅広くカスタマイズ可能な機能を念頭に設計されたフル機能の音楽プレーヤーです。 30 種類のオーディオフォーマットがサポートされています。オーディオは、クリスタルクリアなサウンドのために 32 ビットで処理されます。このプレーヤーには、サウンドエフェクトを内蔵した 18 バンドグラフィックイコライザーが搭載されています。既存の機能を拡張して、Winamp から Input、DSP、Gen プラグインを追加することができます。すべてのローカルおよびグローバルホットキーはカスタマイズ可能です。完全な Unicode サポート。オーディオ CD を MP3、OGG、WAV または WMA に変換することができます。同様に、あなたの PC 上の任意のオーディオデバイスから MP3、OGG、WAV または WMA フォーマットにサウンドを取り込むことができます。無料のダウンロードボタンをクリックして、当社のサイトから PC オフラインインストーラー用の AIMP をダウンロードできます。ボタンをクリックしてください.



AIMP 主な特長と機能:
出力サポート
DirectSound / ASIO / WASAPI 18 バンドイコライザーとビルトインサウンドエフェクト
リバーブ、フランジャー、コーラス、ピッチ、テンポ、エコー、スピード、ベース、エンハンサー、リムーバーマルチフォーマット再生:
.CDA、.AAC、.AC3、.APE、.DTS、.FLAC、.IT、.MIDI、.MO3、.MOD、.M4A、.M4B 、.MP1、.MP2、.MP3、.MPC、.MTM、.OFR、.OGG、.RMI、.S3M、.SPX、.TAK、.TA、.UMX、.WAV、.WMA、.WV、。 XM 32 ビットおよび 64 ビットオーディオ処理
最高の品質をお届けします!複数のプレイリストを操作する
他の素晴らしい機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスで作業するブックマークと再生キューを作成する CUE シートは plugins
をサポートします新しい Utils を追加したり、既存の LastFM Scrobbler インターネットを拡張することができます radio
Listen and OGG / WAV / MP3 / AAC / AAC + のフォーマットに変換します。 MP3 / AAC / AAC + 形式のストリームをキャプチャマルチユーザモード support
複数のユーザが 1 台のコンピュータで作業していますか?これは問題ありません!多言語インタフェース Tag Editor
あなたは簡単にオーディオファイルのタグを編集し、ファイルのグループの名前を変更したり、テンプレートでファイルをソートしたり、ファイルのグループにタグを適用することができます Hotkeys
あなたが望むようにローカルとグローバルのホットキーを設定してください!ファイル search
開いているすべての再生リストのファイルを検索する Alarm Clock
スムーズな音量で選択したトラックの再生開始時刻を選択できます。自動シャットダウン computer
お気に入りの音楽を聴きながら眠ることができます。フレキシブルなプログラムオプション

ファイルのバージョン Node.js 12.1.0 (64-bit)
ファイル名 node-v12.1.0-x64.msi
ファイルサイズ 16.9 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 AIMP DevTeam
更新日 http://www.aimp.ru/
更新時間 2019-04-30
ログを更新する

What's new in this version:

Notable changes:
intl:
- Update ICU to 64.2. This adds support for Japanese Era
- Fixes a bug in ICU that affected Node.js 12.0.0 in the case where new Date().toLocaleString() was called with a non-default locale

C++ API:
- Added an overload EmitAsyncDestroy that can be used during garbage collection

Commits:
- benchmark: fix http bench-parser.js
- bootstrap: delay the instantiation of maps in per-context scripts
- build: allow icu download to use other hashes besides md5
- build: disable custom v8 snapshot by default
- crypto: update root certificates
- deps: backport ICU-20575 to fix err/crasher
- deps: backport ICU-20558 to fix Intl crasher
- deps: update ICU to 64.2
- dgram: change 'this' to 'self' for 'isConnected'
- doc: add Node 12 to the first list of versions
- doc: update comment in bootstrap for primordials
- doc: simplify GOVERNANCE.md text
- doc: fix pull request number
- doc: clarify behaviour of writeFile(fd)
- doc: fix v12.0.0 changelog id
- doc: simplify Collaborator pre-nomination text
- lib: throw a special error in internal/assert
- module: initialize module_wrap.callbackMap during pre-execution
- (SEMVER-MINOR) n-api: do not require JS Context for napi_async_destroy()
- process: reduce the number of internal frames in async stack trace
- report: print common items first for readability
- src: refactor deprecated UVException in node_file.cc
- src: move OnMessage to node_errors.cc
- src: use predefined AliasedBuffer types in the code base
- src: apply clang-tidy modernize-deprecated-headers found by Jenkins CI
- (SEMVER-MINOR) src: do not require JS Context for ~AsyncResoure()
- (SEMVER-MINOR) src: add Environment overload of EmitAsyncDestroy
- src: apply clang-tidy rule modernize-use-equals-default
- src: use std::vector<size_t> instead of IndexArray
- src: enable context snapshot after running per-context scripts
- src: enable snapshot with per-isolate data
- src: implement IsolateData serialization and deserialization
- src: allow creating NodeMainInstance that does not own the isolate
- test: refactor net-connect-handle-econnrefused
- test: move test-net-connect-handle-econnrefused
- test: rework to remove flakiness, and be parallel
- test: fix ineffective error tests
- test: make test-worker-esm-missing-main more robust
- test: increase coverage in lib/internal/dns/promises.js
- tls: include invalid method name in thrown error
- tools: update certdata.txt
- tools: update LICENSE and tools/icu/current_ver.dep
- tools: fix use-after-free mkcodecache warning
- tools: update tools/license-builder.sh
- tools: implement node_mksnapshot
- util: add prototype support for boxed primitives
- util: rename setIteratorBraces to getIteratorBraces
- util: improve Symbol.toStringTag handling

ファイルのダウンロード Download
  • AIMP Screenshot 1AIMP Screenshot 2AIMP Screenshot 3AIMP Screenshot 4AIMP Screenshot 5