FastReport.Net 2019.3.21 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Windows 開発者ツール Google Freeware Rate 70

Android Studio、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

FastReport.Net 2019.3.21

Android Studio は、コーディング、デバッグ、パフォーマンスの最適化、バージョンの互換性のチェック、ハードウェアの互換性のチェック(さまざまなアンドロイドデバイス、およびその他のツール)のためのツールへの直接アクセスを世界中のプログラマとエンジニアに可能にする人気の高いソフトウェア開発環境画面サイズ、タブレットを含む)、およびその他の多くのツールが含まれており、開発者がコーディングのプロセスを自動化し、より迅速な反復と発見を可能にします。 Android Studio には、これらのツールのすべてが含まれています。これらのツールの多くは、プログラマーが受胎から最終配布までのアンドロイドベースのプロジェクトを簡単に作成するのに役立ちます。これには、アプリの設計、テスト、デバッグ、コンパイル、プロファイリングのためのツールが含まれます。ダウンロード Android Studio オフラインインストーラセットアップ!



インターフェイス Android Studio は、非常にモダンでインタラクティブなので、マルチモニタ環境での作業を完全サポートしながら、コンポーネントをドラッグアンドドロップしてウィンドウをプレビューすることで、簡単に UI を変更できます。

Windows、Mac OS X、Linux での完璧な Android エミュレーション、Google Cloud Platform の完全統合サポート、Android Studio は、今日、Android デバイス用のアプリを作成するための最良の SDE パッケージを表しています.

Android Studio 特長:

インテリジェントコードエディタ
A:Android Studio のコアは高度なコード補完、リファクタリング、コード解析が可能なインテリジェントなコードエディタです。パワフルなコードエディタは、より生産性の高い Android アプリ開発者を支援します。 Android Studio オフラインインストーラセットアップ!

コードテンプレートと GitHub integration
新しいプロジェクトウィザードを使用すると、新しいプロジェクトを簡単に開始できます。ナビゲーションドロワーやビューページャーなどのパターンのテンプレートコードを使用してプロジェクトを開始し、GitHub.

マルチスクリーンアプリ開発から Google コードサンプルをインポートすることもできます(Android スマートフォン、タブレット、Android Wear、Android TV、Android Auto、Google Glass 用)。 Android Studio の新しい Android プロジェクトビューとモジュールサポートにより、アプリケーションプロジェクトやリソースを簡単に管理することができます.

すべての形状とサイズの仮想デバイス
Android Studio には、最適化されたエミュレータイメージがあらかじめ設定されています。更新され、合理化された仮想デバイスマネージャは、一般的な Android デバイス向けの事前定義されたデバイスプロファイルを提供します.

Android ビルドは進化しました.Gradle
同じプロジェクトを使用するさまざまな機能を備えた Android アプリ用の複数の APK を作成します。 Maven でアプリの依存関係を管理する Android Studio またはコマンドラインから APK を作成します。ダウンロード Android Studio オフラインインストーラセットアップ!

詳細 Android Studio:
JetBrains の人気の Java IDE である IntelliJ IDEA Community Edition をベースにしています。柔軟な Gradle ベースのビルドシステム。バリアントと複数の APK 生成を構築します。 Google サービスとさまざまな端末タイプのテンプレートサポートが拡張されました。テーマ編集をサポートする豊富なレイアウトエディタ。パフォーマンス、使いやすさ、バージョンの互換性、およびその他の問題を捕らえるための糸くずのツール。 ProGuard とアプリ署名機能 Google Cloud Platform のサポートが組み込まれているため、Google Cloud Messaging と App Engine を簡単に統合できます。注:Java Runtime Environment.

Also が必要です:Mac

のダウンロード Android Studio

ファイルのバージョン FastReport.Net 2019.3.21
ファイル名 FRNetDemo.msi
ファイルサイズ 48.2 MB
オペレーティングシステム Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Google
更新日 http://developer.android.com/sdk/index.html
更新時間 2019-08-20
ログを更新する

What's new in this version:

FastReport.Net 2019.3.21
- Fixed bug with display on the penultimate page with PageFooter PrintOn = LastPage


FastReport.Net 2019.3.20
Engine:
- added Bezier curve for polygons
- added new time format minutes:seconds [mm:ss]
- fixed image size calculation when AutoSize is enabled in the preparation stage
- fixed RichText lists format
- fixed a bug when font changed in parent report were not changed in inherited report
- updated a polygon object: now the polygon toolbar is displayed not near to the object, but in the main toolbar and in ribbon; polygon modes are changed, new modes allow editing and adding curves
- because polygons have got strong changes, we want to get more detail about the change, the polygon has 5 editing modes: the first allows you to work with the whole object, the second for selecting and moving points, the third allows you to add new points to the polygon, the fourth allows you to edit the curves, the fifth to delete the points of the polygon. For the 3rd and 4th mode, you must select a point
- added a new Json data connection integrated into the engine
- added FontListFolder property in the Utils.Config
- added RepeatBandNTimes property for bands
- fixed bug with changing the GroupHeaderBand hierarchy if it had a child GroupHeaderBand

Designer:
- fixed TypeConverter on the TextObject.ParagraphFormat property
- fixed a bug with rising exception when double clicking on a TextObject
- fixed a bug with shadow of report when designer is in Right-to-Left mode
- added feature to edit the sql query for the Query Builder; if the Query Builder cannot process the query a warning will be showed
- fixed a bug when Query Builder adds extra comma
- fixed bug with adding extra spaces in QueryBuilder
- fixed a bug with position of report shadow when zooming in Right-to-Left designer
- now when the name of data source changed, its name changes in expressions of TextObject.Text, PictureObject.DataColumn, DataBand.Filter and DataBand.Sort

Preview:
- Added the ability to subscribe to the PreviewControl.OnPrint and PreviewControl.OnExport events, which are called when the corresponding buttons are clicked

.NET CORE:
- Fixed memory leak in PDF-export
- Fixed memory leak in font engine
- Fixed glyph widths in PDF export
- Fixed errors of report building with complex expressions ("Requested operation is not available because the runtime library function '' is not defined.")
- Fixed display of fonts in PDF export, reduced accuracy to 2 decimal places

WebReport:
- Added PdfImagesOriginalResolution, PdfJpegCompression and PdfColorSpace properties
- Added rotation for pages with landscape orientation in printing from browser
- Added event CustomAuth

Exports:
- Fixed bug with export of bitmaps in ZPL
- Fixed bug with incorrect height of cells in Excel2007
- Fixed bug with exporting empty sheet in Excel2007
- Fixed bug with exporting the page with the wrong size in Excel97
- Fixed bug with exporting empty cells in Excel2007
- Fixed bug with strikethrough text in Excel2007 export
- Fixed bug with strikethrough text in Word2007 export, when using html-tags and conditional formatting
- Added Hyperlinks to RTFExport
- Fixed QR code position in ZPL export
- Fixed page init priority in ZPL export
- Improved an example DemosC#PrintZPL
- Fixed a bug with the same images duplication in the HtmlExport (properties: Layers, EmbeddedPictures)
- Added an ability to split pages with data in different sheets when exporting to Excel2007
- Fixed bug with the lack of hyperlinks in pictures, figures, QR-codes when exporting to PDF
- Fixed bug with exporting empty text to RTF, when using CanShrink = true and TextRenderType = HtmlParagraph

ファイルのダウンロード Download
  • Android Studio Screenshot 1Android Studio Screenshot 2Android Studio Screenshot 3