AnyDesk、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

HxD Hex Editor 2.3.0

AnyDesk は、市場で最も速いリモートデスクトップソフトウェアです。現在のリモートデスクトップソフトウェアでは使用できなかった新しい使用シナリオやアプリケーションが可能になります。データをクラウドサービスに委ねることなく、どこからでもすべてのプログラム、ドキュメント、ファイルにアクセスできます。開始するには、1.2 MB のプログラムファイルをダウンロードして起動するだけです。インストールや(ネットワーク)設定は必要ありません。 AnyDesk は市場で最も速い無料のリモートデスクトップソフトウェアです.

AnyDesk 特長:

Framerate
AnyDesk は、ローカルネットワーク上で毎秒 60 フレームを送信し、多くのインターネット接続をサポートします。これは、ほとんどの PC ディスプレイが 60 フレーム / 秒で動作するため、リモートデスクトップアプリケーションを使用して画面上の動きを可能な限りスムーズにします。 AnyDesk は、ジャークフリーの作業を可能にします。

Latency
可能な限り低いレベルでの状況は、リモートデスクトップでの作業には重要です。遅延時間が短いほど、リモート PC は入力に迅速に応答します。 1 つの PC から別の PC にデータを送信するときにインターネット接続が常に一定のレイテンシを課すため、AnyDesk ができるだけ請求書を追加することが非常に重要です。ローカルネットワークでは、待ち時間が 60 ミリ秒未満になり、もはや認識できなくなります.

トラフィック
インターネット接続でリモートデスクトップソフトウェアが使用されている場合、可能な限り高い帯域効率が決定要因です。これは、UMTS のようなモバイル接続の場合に特に当てはまります。 AnyDesk の帯域幅効率により、100 kB / 秒の利用可能な帯域幅からオフィス業務を流暢に実行できます。しかし、低い帯域幅でも、AnyDesk はまだ競争よりもはるかに優れています.

Access
低信頼性と面倒な火災については忘れてしまいます。どこからでも­ 痛みなくどこからでもあなたの忍耐と恥ずかしがり屋のコンピュータを使用してください。 5 分か 5 時間かに関わらず、あなたは気づかずに AnyDesk がそこにいます。あなたのパーティション&シャイナル化された AnyDesk-ID は、あなたの机の上にあり、あなたのすべてのアプリケーション、写真、ドキュメント、およびメンントとファイルのトップです。そしてあなたのデータはそれが所属する場所のままです。あなたのハードドライブ上で、どこにでもありません.

Collaborate
あなたは社外のクラウドサービスであなたの会社のデータを信用して、コラボレーションを可能にしていますか? AnyDesk を使用すると、お気に入りのデスクトップアプリケーションとカチオンのすべてと一緒に作業することができます。すべてのユーザーのマウスカーソルのような魅力は、どんな距離であってもあなたのチームを一緒に接着するでしょう。あなたの仲間には何がインパクトあるのかを教えてください。カントの問題は過去のものになります.6.235896
Assist
あなたは遠隔支援が楽しいことを知っていますか? AnyDesk は、リモート広告だけでなく、スタジオやリモートサポートを行うことができます。しかし、これはここで輝くことができないということを意味するものではありません。ラグとローフレーム&恥ずかしがり屋; レートはそのような迷惑になることができます。だから私たちはそれらを取り除くことを選んだのです。 AnyDesk で、仕事と仲間の新しいプリンタをセットアップするか、営業担当者のために新しい CRM ツールをインストールすると、park.

注:登録されていないバージョンでは 1 人しかサポートされません..8997423

ファイルのバージョン HxD Hex Editor 2.3.0
ファイル名 setup.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Demo
著者 AnyDesk Software
更新日
更新時間 2019-07-07
ログを更新する

What's new in this version:

New: open source plugin interface to extend the data inspector:
- supports dll plugins made in C, C++, Delphi or any other language which can deal with a C-like interface
- includes example plugins

New: array navigation toolbar in datainspector (next/previous/first/last element):
- allows to navigate types like ad-hoc arrays, that span the entire stream / file, extending left and right from the current element shown in the datainspector
- all fixed-width data types support navigating forwards and backwards by default
- backward navigation needs special support for variable-width data types like UTF-8
- since UTF-8 is self-synchronizing, determining the previous element is possible (however, x86 assembly, for example, cannot be supported, since trailing bytes in an instruction encoding can also appear as leading bytes, which therefore only allows for an unambigious forward scan)
- New: unintrusive pointer type support in data inspector
- clickable goto link, which is right aligned next to integer type name
- implicitly treats integer types as pointers / addresses / offsets
- signed integers are treated as relative offsets, unsigned integers as absolute offsets
- avoids cluttering the UI with many more rows by having each integer row have a dual function (acting as pointer as well as plain integer)
- typed pointers and pointers that use complex adressing schemes (such as using a lookup table, or computing of an address based on parameters instead of a simple immediate value), will follow with structure views
- New: added Int24 and UInt24 types to data inspector (useful for wav files)
- be sure to reset the data inspector row order in the options, if new types appear in the last rows
- New: separate portable and installable versions (also reduces number of wizard pages)
- portable setup runs with least privileges
- portable setup defaults to desktop folder
- Enhancement: reduce flickering in data inspector when resizing or during fast selection, especially for the text box
- Enhancement: unfold a section if a goto command jumps into it
- Enhancement: implemented new TXmTabControl to enable Ctrl+(Shift+)Tab navigation in Search and Replace windows
- behaves like native TPageControls from Delphi (native TTabControls do not support keyboard shortcuts for tab switching)
- allows focusing the tabs itself to allow navigating with Left/Right arrow keys, yet still focuses the first child control when switching tabs, as required
- Enhancement: edit controls in block selection windows only validate the entry on losing focus
- allows for more flexible editing and temporarily invalid states
- Change: for more consistency in error messages, the goto dialog always displays the computed target offset, instead of the text in the offset text box (which can contain absolute or relative offsets)
- Change: rename optical disk to optical disc (used disk for consistency in the past, but disc is just more common)
- Change: turn all http links into https ones
- Fix: data inspector ignores leading and trailing whitespace where not relevant to the data type (e.g., removing for integers, but keeping for character types)
- Fix: always treat integers as unsigned when displaying them in hexadecimal
- Fix: physical floppy disk drives would show a too small size (limited like the logical ones)
- Fix: writing to floppy disks could fail, because they did not get locked and unmounted
- Fix: make the height of the bottom dock normal size again (it would appear too small, making people believe no results are produced, for example when generating checksums)
- Fix: data inspector: when data name column was too small, the splitter could be overdrawn / interrupted with white space
- Fix: properly handle https URLs by passing INTERNET_FLAG_SECURE and do not fail on redirects from http to https
- Fix: Setup would choose English by default, instead of picking the language based on the OS's locale
- Fix: tab order in various windows (search and replace, and the option frames for each); correct tab order even if option frames are not shown for a certain data type
- Fix: ensure tab switching with Ctrl+(Shift+)Tab keeps working after a switch, by setting the focus to the first control inside the tab each time a tab switch occurs
- Fix: selections would unfold sections even if unnecessary
- Other smaller fixes, many internal enhancements and refactorings
- Lots of work on UTF-8 and handling grapheme cluster boundaries for future UTF-8 support in the hex editing window itself, see https://blog.mh-nexus.de/2019/06/compressing-arrays-of-integers-while-keeping-fast-indexing/
- details of the general UTF-8 support design

New translations:
- Dutch - Jaap Kramer
- Japanese - Airumu
- Turkish - Koray Duman

ファイルのダウンロード Download
  • AnyDesk Screenshot 1AnyDesk Screenshot 2AnyDesk Screenshot 3