AnyDesk、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 141

AnyDesk は、市場で最も速いリモートデスクトップソフトウェアです。現在のリモートデスクトップソフトウェアでは使用できなかった新しい使用シナリオやアプリケーションが可能になります。データをクラウドサービスに委ねることなく、どこからでもすべてのプログラム、ドキュメント、ファイルにアクセスできます。開始するには、1.2 MB のプログラムファイルをダウンロードして起動するだけです。インストールや(ネットワーク)設定は必要ありません。 AnyDesk は市場で最も速い無料のリモートデスクトップソフトウェアです.

AnyDesk 特長:

Framerate
AnyDesk は、ローカルネットワーク上で毎秒 60 フレームを送信し、多くのインターネット接続をサポートします。これは、ほとんどの PC ディスプレイが 60 フレーム / 秒で動作するため、リモートデスクトップアプリケーションを使用して画面上の動きを可能な限りスムーズにします。 AnyDesk は、ジャークフリーの作業を可能にします。

Latency
可能な限り低いレベルでの状況は、リモートデスクトップでの作業には重要です。遅延時間が短いほど、リモート PC は入力に迅速に応答します。 1 つの PC から別の PC にデータを送信するときにインターネット接続が常に一定のレイテンシを課すため、AnyDesk ができるだけ請求書を追加することが非常に重要です。ローカルネットワークでは、待ち時間が 60 ミリ秒未満になり、もはや認識できなくなります.

トラフィック
インターネット接続でリモートデスクトップソフトウェアが使用されている場合、可能な限り高い帯域効率が決定要因です。これは、UMTS のようなモバイル接続の場合に特に当てはまります。 AnyDesk の帯域幅効率により、100 kB / 秒の利用可能な帯域幅からオフィス業務を流暢に実行できます。しかし、低い帯域幅でも、AnyDesk はまだ競争よりもはるかに優れています.

Access
低信頼性と面倒な火災については忘れてしまいます。どこからでも­ 痛みなくどこからでもあなたの忍耐と恥ずかしがり屋のコンピュータを使用してください。 5 分か 5 時間かに関わらず、あなたは気づかずに AnyDesk がそこにいます。あなたのパーティション&シャイナル化された AnyDesk-ID は、あなたの机の上にあり、あなたのすべてのアプリケーション、写真、ドキュメント、およびメンントとファイルのトップです。そしてあなたのデータはそれが所属する場所のままです。あなたのハードドライブ上で、どこにでもありません.

Collaborate
あなたは社外のクラウドサービスであなたの会社のデータを信用して、コラボレーションを可能にしていますか? AnyDesk を使用すると、お気に入りのデスクトップアプリケーションとカチオンのすべてと一緒に作業することができます。すべてのユーザーのマウスカーソルのような魅力は、どんな距離であってもあなたのチームを一緒に接着するでしょう。あなたの仲間には何がインパクトあるのかを教えてください。カントの問題は過去のものになります.6.235896
Assist
あなたは遠隔支援が楽しいことを知っていますか? AnyDesk は、リモート広告だけでなく、スタジオやリモートサポートを行うことができます。しかし、これはここで輝くことができないということを意味するものではありません。ラグとローフレーム&恥ずかしがり屋; レートはそのような迷惑になることができます。だから私たちはそれらを取り除くことを選んだのです。 AnyDesk で、仕事と仲間の新しいプリンタをセットアップするか、営業担当者のために新しい CRM ツールをインストールすると、park.

注:登録されていないバージョンでは 1 人しかサポートされません..8997423

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 141
ファイル名 GDevelop-5-Setup-5.0.141.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Demo
著者 AnyDesk Software
更新日
更新時間 2022-09-15
ログを更新する

What's new in this version:

Newsletter and user accounts:
- Add the possibility to receive the GDevelop newsletter from the User Profile and on the Signup dialog.
- We encourage everyone to check this to receive the newsletter where we'll present new features but also showcase community members, games or community events!
- Improve Signup and Edit profile dialogs to show when a username is not available.

User experience improvements:
- Add announcements and news in the homepage community tab so that it's easy to follow the news from the community
- "Urgent" announcements will also be displayed at the top of the home page (which can be dismissed)
- Change the name of exports to be based on the name and version of the game (available for english character set only at the moment)
- Improve SVG display in Resource Store for dark themes
- Add a link in the new version dialog to open the release notes on GitHub, to benefit from browser automatic translations
- Rename object variables expression names to differentiate between number and text variables
- Add missing translations for some messages shown when renaming an object.
- Display a super thin or invisible scrollbars for the toolbar and tabs, according to the browser.

Updated Premium plans for cloud services:
- We updated the free and premium subscriptions: each tier benefits from Cloud Projects, Online Leaderboards, Automated Builds, Player Feedback, Game Analytics and more
- Read the blog post for a full description of the updates and online services unlocked by the updated (and the existing) plans
- Other improvements

Improve game templates visibility:
- Add 2 new actions in the Desktop menu "Create an empty project" and "Create a project from a template"
- Templates are now displayed at the top of the Build section
- The button "Create a project" in the Build section now directly opens a blank project
- Remove the limit of 16k tiles in a tilemap
- This includes an upgrade to the PixiJS tilemap extension to version 3.2.2
- Add "Educational" tag for games on Liluo.io
- We now distribute versions of GDevelop for macOS for Apple Silicon and for arm64 builds of Linux, which can be downloaded from the website as with other versions

Extensions, assets, and examples:
New Extensions:
Reviewed extensions:
- Camera impulse
- It can be used to simulate earthquakes or impacts

Community extensions:
Clock:
- This extension converts a text object to Time/Date/Month

UpdateChecker:
- This extension checks if the version of the game on Liluo.io is different from the current game version. This allows for a basic update check for PC and mobile builds of games.

Pushable/Pullable Box:
- This extension allows the user to convert an object to a pushable or/and pullable box. This new extension replaces the now out-of-date "Pushable Box" extension

Time Detector:
This extension detects the current:
- Time of the day
- Day of the week
- Month of the year

Record movements:
- This extension allows the user to record objects' movements and recall them back to make a reverse time mechanic

References:
- This extension allows to make a variable that is a reference to another

ObjectPickingTools:
- This extension adds actions and conditions for more fine grained control over object picking

Geolocation extension:
- This extension allows to get precise geolocation data from the player
- Flip Gravity: This extension allow to flip platformer character gravity upside down

Extensions updates:
Sprite Based Lighting:
- Follow extension's best practices and prevent unexpected behaviors (Thanks @VegeTato)

ToogleSwitch, AutoTyping, CursorType, ObjectSpaner:
- Fix useless "Change" prefixes in actions full name

Make it rain:
- Updated description

ScreenShaking:
- Use noise based shaking, fix an issue when scrolling and add multi-layer features

Draggable Slider:
Add expressions for more properties and some actions:
Expressions:
- Length of track
- Thickness of track
- Height of thumb

Actions:
- Change the opacity of halo when pressed or hovered

Draggable Slider:
- Fixed SetMinValue and SetMaxValue (descriptions were swapped)

New asset packs:
- Void Collection by FoozleCC
- Skullcup by Wesxdz
- Lucid Icon pack by Leo Red

Examples:
- Ball Cup Boom (v1.0.3): Modified vibration to 25 ms

Fixed:
- Fix tile maps layer filtering
- Fix browser automatic translations crashing the app
- Update "Submit New Extension" link to redirect to new submission format
- Fix useless "Change" prefix in some actions name
- Fix the action to tween the number of a scene variable
- Fix the wording of the layer field when the layer is not optional (though it has a default value: the base layer)
- Fix points coordinates inputs not losing focus when moving points on the preview
- Fix Safari/iOS unable to load some images in the app
- Fix parameter to specify the P2P port not being an expression
- Fix the name of the "End Opacity" condition of the particle emitters

ファイルのダウンロード Download
  • AnyDesk Screenshot 1AnyDesk Screenshot 2AnyDesk Screenshot 3