AOMEI Partition Assistant、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

reWASD 5.3.0.2095

AOMEI Partition Assistant 標準は、世界中のユーザーの間で良い評判を得ている無料のディスクパーティション管理ソフトウェアです。それはあなたのハードディスクとパーティションを完全に制御できる非常に多くの強力な機能を備えています。たとえば、「パーティションの拡張ウィザード」を使用すると、パーティションのサイズを大きくしてディスク容量の問題を完全に解決することができます。また、「パーティションのサイズ変更」、「パーティションのマージ」、「スペルパーティション」および「パーティションのコピー」を使用してディスクスペースを柔軟に管理できます。

AOMEI Partition Assistant にはセクタレベルのデータ保護技術が組み込まれています。厳密には R& D チームを使用することで、より安全にパーティショニング操作を実現することができます。ディスクの種類が MBR か GPT かにかかわらず、ディスクが 2TB より小さいか大きいかにかかわらず、この製品はディスクパーティションのさまざまな問題を解決するのに役立ちます。 Windows の 10、Windows 7、Vista、XP および 2000 をサポートし、家庭および商用のユーザーに無料でご利用いただけます.

AOMEI Partition Assistant 特長:
パーティションのサイズ変更 / 移動 - データを失うことなくパーティションサイズを変更します。パーティションの拡張ウィザード - コンピュータを再起動せずに NTFS パーティションを拡張します。空き領域の割り当て - あるパーティションから別のパーティションに空き領域を再割り当てします。パーティションをマージする - 2 つの隣接するパーティションを 1 つにマージします。スプリットパーティション - 大きなパーティションを 2 つの小さなパーティションに分割します。パーティションの作成 - 新しいパーティションを作成して、さまざまなデータを保存します。パーティションの削除 - 不要で無駄なパーティションを削除します。パーティションのフォーマット - パーティション上のすべてのデータを空にします。システム移行 - システムをソリッドステートドライブ(OS から SSD)に移行します。ディスクのコピー - ディスクを複製します。パーティションのコピー - パーティションを別の場所にクローンします。ダイナミックからベーシックディスクへの変換 - データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換します。 MBR と GPT 変換 - データを失うことなく MBR ディスクと GPT ディスクを変換します。 NTFS と FAT32 変換 - データ損失のない NTFS を FAT32 パーティションに変換し、逆もまた同様です。 2 番目の Ext2 / Ext3 パーティション - フォーマットせずに 2 番目のパーティション Ext2 / Ext3 を SD カードと USB フラッシュドライブに作成します。プライマリおよびロジカル変換 - プライマリパーティションとロジカルパーティションを安全に変換します。起動ディスクの作成 - AIK / WAIK をインストールすることなく、Windows PE 起動可能メディアを作成します。 Windows から Go Creator - Windows 8 を外付けディスクまたはリムーバブルフラッシュドライブにインストールします。 SSD Secure Erase Wizard - SSD にデータを書き込む方法は、HDD(ハードディスクドライブ)とはまったく異なります。

ファイルのバージョン reWASD 5.3.0.2095
ファイル名 rewasd530-2095.exe
ファイルサイズ 29.26 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / XP64 / Vista64 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 AOMEI Technology
更新日 http://www.disk-partition.com/free-partition-manager.html
更新時間 2020-03-24
ログを更新する

What's new in this version:

- Map Gyro to mouse, keyboard or virtual gamepad controls
- Use various Commands in addition to mappings
- Try reWASD magic on Google Stadia controller
- Choose the theme for the devices in the main window
- Let reWASD turn wireless gamepad off if it is not active
- Use Detection mode to recognize a certain device if it is not clear what it is
- Add Gamepad mappings for Nintendo Capture/Home, DualShock PS/TouchPad click
- Get analog input while swapping virtual triggers and sticks
- Adjust the press time for the hotkeys used for slot switching
- Check various optimizations while importing, adjusting and applying configs
- Enjoy the new design of the tray agent icon
- Use Xbox button in Shortcuts

Fixed:
- If a virtual controller is applied to any slot, it works for all (even empty) slots
- If both Xbox 360 and DS4 virtual controllers are applied to different slots of a single device or a group, only the last one is active for all slots
- It is impossible to map a combo that starts from a pause to the Shortcut
- In Keyboard subconfig, a key is not hooked in the list of keys a user may remap until this list is manually focused
- If a peripheral device was not initialized properly, after correct re-initialization, it is not possible to apply a config to the group of devices including this one before the agent restart
- Custom Mouse sensitivity slider is not shown if the mapped mouse is inverted
- Battery icon updates its status only on Apply or when the new device is connected/disconnected but doesn’t update when reWASD is idle
- Slot 1 is shown in the main window during a few seconds if a config is applied to Slot 2-4 via Autodetect
- If there is a hotkey that includes two buttons only and those buttons are used in another hotkey too, it is impossible to switch to the slot with this 3-button hotkey
- Temporary “Not responding” status for the update screen if a user clicks on the screen while the new version is downloading
- Default config replaces the custom one with the same name during the update
- The recommendation to unmap a keyboard/mouse buttons appears even if it is already unmapped
- It is impossible to switch remap off for DS4 controller connected via Bluetooth if it is also connected via USB without being previously unpaired

ファイルのダウンロード Download
  • AOMEI Partition Assistant Screenshot 1AOMEI Partition Assistant Screenshot 2AOMEI Partition Assistant Screenshot 3