Foxit PhantomPDF Standard 10.1.4 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Windows 圧縮・バックアップ Ashampoo Trial Rate 90

Ashampoo Backup Pro、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Foxit PhantomPDF Standard 10.1.4

非常に汎用性の高いバックアップソリューションを使いやすくしていますか? Ashampoo Backup Pro は、ウイルス、ransomware またはハードウェアの欠陥からの恐怖を取る!システムを以前のアップデートに戻して、データを元に戻すだけです。 Ashampoo® Backup Pro には、ストレージメディアやクラウド上の個々のファイルやディスクパーティション全体をバックアップするさまざまなオプションがあります。ユーザーフレンドリー、直感的、速い。

Ashampoo Backup Pro 特徴:

再インストールが必要ない - malware
Ransomware に対するソリューションは、コンピュータを人質にとり、あなたの個人的なファイルを暗号化します。ウイルスはシステム全体を破壊し、PC を制御します。 Ashampoo® Backup Pro はこれらの壊滅的な影響を簡単に取り消すことができます!以前のバックアップを復元するだけで、すべて元に戻すことができます!

常に最新のバックアップで最大限のファイル暗号化を実現
高度なバックアップメカニズムにより、データの変更部分のみが確実に保管されます。これにより重複が防止され、スペースが大幅に節約されます。現代の高品質の暗号化は、任意のストレージ format
A シャンプー® と無許可 access.

Works からあなたのファイルを保護します。 Backup Pro は、バックアップを任意のハードディスク、SSD、フラッシュドライブ、またはネットワーク上の場所に保存します。ローカルバックアップは、ディスクスペースを大幅に節約するために新たに開発された「Infinite Reverse Incremental」テクノロジのメリットがあります。スペースを最大 50%節約できます!

インターネット上のバックアップを保存します.
A シャンプー® Backup Pro を使用すると、Dropbox や Google ドライブでの作業が非常に簡単になります。従来のストレージメディアの独立性をお楽しみください!これは、従来のファイルバックアップだけでなく、ドライブ全体にも及んでいます! Dropbox、Google ドライブ、Microsoft OneDrive、Strato、1&1 などの他の多くのサポートが組み込まれています.

個別のファイル、パーティション全体またはシステムの復旧
選択肢はあなたです:仮想ドライブの助けを借りてバックアップから個々のファイルを抽出するか、 !他のすべてが失敗した場合、統合されたレスキューディスクまたはフラッシュドライブは PC を再起動します。それは再び起動し、作業中のバックアップが復元されます。

清潔で論理的で美しい:Ashampoo&reg の新しい顔。バックアップ Pro
A シャンプー® Backup Pro は、ユーザーが画面上の説明を論理的な手順で指導するため、作業を簡単かつ直感的に行うために、完全に再設計されたユーザーインターフェイスを備えています。座ってリラックスして直感的に仕事をするバックアップソリューション?確かに!事前知識は必要ありません。すべてのニーズと使用例がカバーされています.

有効にすると、バックアップは常に最新の状態になります.62535896A シャンプー® Backup Pro はバックグラウンドで完全にバックアップを自動的に作成できます。有効になると、もはや対処する必要はありません!バックアッププロセスは自動的に一時停止され、マシンのフルパワーが必要なときはいつも減速を避けることができます!

A 初心者のためのバックアップソリューション - プロフェッショナルな結果!
A シャンプー® Backup Pro にはこれまでの知識は必要ありません。非常に少数の入力で洗練されたバックアップを作成できます!現場での説明はすべてのプログラム設定で利用でき、さまざまなプリセットで電子メール、ブラウザ、連絡先のバックアップなどの一般的な使用例がすべて網羅されています.

壊れた Windows システム用のハードウェアブートメディア
コンピュータが起動しない場合は、あなたの救助に来るでしょう。それはあなたの PC を起動し、クリーンバックアップの復元を実行することができます。データの損失や長い Windows の再インストールは必要ありません。

家庭向けの工業グレード技術です.
Ashampoo&reg の高度なセキュリティ技術に基づいています。バックアップビジネス、Ashampoo® Backup Pro は現在、ビジネス製品の業界標準も遵守しています。信頼性の高いバックアップエンジン、柔軟なスケジューラ、高品質の暗号化は、様々な大企業の管理者によって愛され、使用されます。

注:10 日間の試用版(20 日延長可能).

ファイルのバージョン Foxit PhantomPDF Standard 10.1.4
ファイル名 FoxitPhantomPDF1014_enu_Setup_Website.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Ashampoo
更新日 https://www.ashampoo.com/en/usd/pin/0559/security-software/backup-pro-11
更新時間 2021-05-07
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed some security and stability issues:
- Brief
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Memory Corruption vulnerability and crash when exporting certain PDF files to other formats. This occurs due to the access violation, which could be exploited by attackers to execute remote code.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Denial of Service vulnerability and crash when handling certain XFA forms or link objects. This is caused by stack overflow as there are too many levels or dead loops during the recursive call of functions.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Denial of Service, Null Pointer Reference, Out-of-Bounds Read, Context Level Bypass, Type Confusion, or Buffer Overflow vulnerability and crash, which could be exploited by attackers to execute remote code. This occurs during the implementation of certain functions in JavaScript due to the use of incorrect parameters or objects without proper validation.
- Addressed a potential issue where the application could be exposed to Arbitrary File Deletion vulnerability due to improper access control. Local attackers could exploit this vulnerability to create a symbolic link and cause arbitrary files to be deleted once the application is uninstalled by an admin user.
- Addressed a potential issue where the application could deliver incorrect signature information for certain PDF files that contained invisible digital signatures. This occurs as the application gets the certificate name in an incorrect order and displays the document owner as the signature author by mistake.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to DLL Hijacking vulnerability when it was launched, which could be exploited by attackers to execute remote code by placing a malicious DLL in the specified path directory. This occurs due to the improper behavior while loading libraries, including loading the libraries in the installation directory as precedence when loading system libraries, loading the libraries that are disguised as system libraries in the installation folder without proper validation, and failing to use the fully qualified paths when loading external libraries
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Out-of-Bounds Write/Read Remote Code Execution or Information Disclosure vulnerability and crash when handling certain JavaScripts or XFA forms. This occurs due to the use of abnormal data that exceeds the maximum size allocated in parameters without proper validation.
- Addressed a potential issue where the application could be exposed to Out-of-Bounds Write vulnerability when parsing certain PDF files that contain nonstandard /Size key value in the Trailer dictionary. This occurs due to the access of an array whose size is not enough to accommodate the data.
- Addressed a potential issue where the application could be exposed to Out-of-Bounds Write vulnerability and crash when converting certain PDF files to Microsoft Office files. This occurs as the PDF object data defined in the Cross-Reference Table is corrupted.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Use-after-Free Remote Code Execution vulnerability and crash when handling certain XFA forms or annotation objects. This occurs due to the use or access of the objects that have been released or deleted.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Arbitrary File Write Remote Code Execution vulnerability when executing certain JavaScripts. This occurs as the application fails to restrict the file type and validate the file path in extractPages and CombineFiles functions.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to SQL Injection Remote Code Execution vulnerability. Attackers could exploit this vulnerability to insert or delete databases by inserting codes at the end of the strings.
- Addressed a potential issue where the application could be exposed to Uninitialized Variable Information Disclosure vulnerability and crash. This occurs due to the array access violation resulting from the discrepant information in the form control when users press the Tab key to get focus on a field and input new text in certain XFA forms.
- Addressed potential issues where the application could be exposed to Out-of-Bounds Read or Heap-based Buffer Overflow vulnerability and crash, which could be exploited by attackers to execute remote code or disclose sensitive information. This occurs due to the logic error or improper handling of elements when working with certain PDF files that define excessively large value in the file attribute or contain negative leadDigits value in the file attribute.

ファイルのダウンロード Download
  • Ashampoo Backup Pro Screenshot 1Ashampoo Backup Pro Screenshot 2Ashampoo Backup Pro Screenshot 3Ashampoo Backup Pro Screenshot 4