Audials One、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Dragonframe 5.0.0

Audials One は、巨大で、迅速で、合法的で無料の音楽検索に最適です! Audials One だけが何千ものラジオ局を監視し、同時にインターネットの最良の音楽ソースを検索することができます。これは、最高の品質と驚くべきスピードで、自動的に望む音楽を PC のハードディスク、クラウド、またはインターネットに接続されたモバイルデバイスに配信することができることを意味します.

ラジオ局、音楽ストリーム、ビデオクリップビデオストリームからの映画は Audials One によって記録され、個々のファイルとして最高品質で保存されます。つまり、保護されていない保護されたメディアをインターネットから引き出し、PC、スマートフォン、またはタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます!

With Audials One 音楽テレビやポッドキャストの世界は、膨大な娯楽を提供します。退屈は今や過去のものです!

85 のファイル形式と 84 のデバイスプロファイルが最も使いやすいように提供されています。これにより、音楽、ビデオ、オーディオブック、ポッドキャスト、映画、DVD のコピーとアーカイブが可能になり、スマートフォン、タブレット、ゲーム機の正しいフォーマットに変換することができます。 Audials One のおかげで、コピープロテクトとファイルフォーマットの問題は過去のものでした.

Audials One は無制限の無制限エンターテインメントを提供するだけでなく、メディアを楽しむために複数のエキストラを使って取引を甘くします。新しいラジオ局をすばやく簡単に見つけることができ、Audials プレーヤーで便利に聞くことができます。サイズに関係なく、あなたのメディアと音楽コレクションは、PC、雲、モバイルデバイスの Audials Music Universe で、独立してグラフィカルに管理されます。

注:登録されていないバージョンの機能が制限されています.8997423

ファイルのバージョン Dragonframe 5.0.0
ファイル名 Dragonframe_5.0.0-Setup.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Audials AG
更新日 http://audials.com/en/one/audials_one_windows_software.html
更新時間 2021-07-13
ログを更新する

What's new in this version:

General:
- Support for Apple M1 Silicon (ARM64)
- Multiple camera support (up to four) - for additional hi-res capture or video assist
- Separate Drawing Layers and References for each magnification view or alternative video assist
- "Making-of" capture integrated into the animation process
- Support for fractional display scaling on Windows and Linux (125%, 150%, etc)
- Recover from conform failure
- Emojis in drawing layer text, notes
- Support Monogram Creative Console (Palette Gear) for various tasks
- Added a time estimate for long shoot multiple and move tests
- Added a composite movie export option
- Added a reverse export option
- Added a multiple-frame auto toggle
- Added keypad focus control in animation workspace
- Added 'Past Takes' reference layer to make it easier to refer to previous takes
- Drawing tool increment editor ticks can now show during animation or playback
- Reference movie player can go full screen

Camera support:
- Support for Android and iOS devices over WiFi via DF Tether 2.0
- Support for Intel RealSense depth cameras
- Improved RED support with capture over WiFi now possible

DMX:
- Lighting Fixtures
- Graph mode to program with curves
- Program triggers (logic out and relay) via timeline
- Load test shots at full size
- Full DMX export/import
- Added search bar to more easily find lights
- Added 'thread' to visually tie badges to area in image

Motion control:
- Added "aim point" (with virtuals)
- Autodesk FBX import/export of camera (with virtuals)
- Safe move browser
- Programmable, repeatable focus with Canon FPM camera+lens combos
- Programmable shutter speed
- Go motion can be enabled/disabled per exposure
- Record axis animation, for set or prop movers
- Couple two motor outputs (zDMC only)
- Output motor positions via OSC
- Move tests can be shot in reverse (for speedier turnaround)

Audio:
- Added "replace audio file" option

Integrations:
- Custom script actions can be assigned to hotkeys and called from Dragonframe
- OSC scripting can now have multiple calls for one action

ファイルのダウンロード Download
  • Audials One Screenshot 1Audials One Screenshot 2Audials One Screenshot 3Audials One Screenshot 4Audials One Screenshot 5