Audials One、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Surfer 20.1

Audials One は、巨大で、迅速で、合法的で無料の音楽検索に最適です! Audials One だけが何千ものラジオ局を監視し、同時にインターネットの最良の音楽ソースを検索することができます。これは、最高の品質と驚くべきスピードで、自動的に望む音楽を PC のハードディスク、クラウド、またはインターネットに接続されたモバイルデバイスに配信することができることを意味します.

ラジオ局、音楽ストリーム、ビデオクリップビデオストリームからの映画は Audials One によって記録され、個々のファイルとして最高品質で保存されます。つまり、保護されていない保護されたメディアをインターネットから引き出し、PC、スマートフォン、またはタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます!

With Audials One 音楽テレビやポッドキャストの世界は、膨大な娯楽を提供します。退屈は今や過去のものです!

85 のファイル形式と 84 のデバイスプロファイルが最も使いやすいように提供されています。これにより、音楽、ビデオ、オーディオブック、ポッドキャスト、映画、DVD のコピーとアーカイブが可能になり、スマートフォン、タブレット、ゲーム機の正しいフォーマットに変換することができます。 Audials One のおかげで、コピープロテクトとファイルフォーマットの問題は過去のものでした.

Audials One は無制限の無制限エンターテインメントを提供するだけでなく、メディアを楽しむために複数のエキストラを使って取引を甘くします。新しいラジオ局をすばやく簡単に見つけることができ、Audials プレーヤーで便利に聞くことができます。サイズに関係なく、あなたのメディアと音楽コレクションは、PC、雲、モバイルデバイスの Audials Music Universe で、独立してグラフィカルに管理されます。

注:登録されていないバージョンの機能が制限されています.8997423

ファイルのバージョン Surfer 20.1
ファイル名 Surfer_20_Installer.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Audials AG
更新日 http://audials.com/en/one/audials_one_windows_software.html
更新時間 2021-01-21
ログを更新する

What's new in this version:

New Features and Improvements:
- New Map Type: Peaks and Depressions
- Base Map: use attribute as Object ID for polylines, polygons, points
- Grid Info: Polygon Boundary: report statistics for each polygon individually
- Grid Volume: Polygon Boundary: report volume for each polygon individually
- 3D View: 3D PDF Export: reduce file size
- 3D View: 3D PDF Export: speed up export
- 3D View: add color scale bar
- 3D View: Antialiasing (improve appearance of grid lines, axes, text, etc)
- 3D View: export to VRML
- 3D View: light 3D point symbols (spheres, cubes) based on Environment Light Position
- 3D View: Vector Contours: use same line properties (width, color) as original contour lines
- Automation: add Base from Data
- Automation: add new top level legend
- Automation: add Base layer symbology
- Automation: CoordinateSystem: New Local System (WKT parser should support LOCAL_CS)
- Automation: GridData: have Grid Z Limits option
- Automation: GridData: have Z Transform option
- Automation: GridData: save and load the grid settings files (*.srfgds)
- Automation: add new map scale bar options
- Automation: MapFrame: set ScalingRatio
- Automation: PostLegend: add new properties
- Automation: VectorLegend: add new properties

Fixed:
- 3D View: 3D surface map and 1-grid vector map with same source grid creates two surfaces
- 3D View: Disabled surface texture appears in 3D PDF export
- 3D View: Title angle does not rotate title text
- Contents: Undo deletion: layers from different maps are selected in Contents
- Crash after creating 3D view
- Crash when closing Surfer after printing
- Crash when importing multiple files
- Crash when opening an empty PDF file to Surfer
- Double click on BAS opens empty Scripter
- EMF export: Rotated text exports as polygons/polylines for certain degrees of rotation
- Internal Error (cacheejectionlru.cpp)
- Internal Error after clicking to 3D view and getting error can't transform coordinates (gscatch.cpp)
- Internal Error after creating 3D Surface map (graphics3.cpp)
- Internal Error after exporting the 3D View to 3D (stratosstatemanager.cpp)
- Internal Error in 3D view with Walk (statepresenter.cpp)
- Internal Error when cancelling 3D View flythrough (grid.cpp)
- Internal Error when closing Surfer (autodocuments.cpp)
- Internal Error when creating contour map (with fill) from Grid Calculus command
- Internal Error when loading an ASC grid (trlattice.cpp)
- Internal Error when set contour smoothing (contourlabeler.cpp)
- Internal Error with Undo (scenelist.cpp)

ファイルのダウンロード Download
  • Audials One Screenshot 1Audials One Screenshot 2Audials One Screenshot 3Audials One Screenshot 4Audials One Screenshot 5