AutoHotkey、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CudaText 1.98.2.0 (64-bit)

AutoHotkey はオープンソースのユーティリティで、キーストロークやマウスのクリックを送信することで、ほぼすべてを自動化できます。マクロを手作業で書くことも、マクロレコーダーを使うこともできます。キーボード、マウス、ジョイスティック、ハンドヘルドリモコンのホットキーを作成することもできます。実質的に任意のキー、ボタン、または組み合わせがホットキーになります。同様に、入力時に展開する略語を定義することもできます。たとえば、btw と入力すると、自動的に生成されます。最後に、カスタムデータ入力フォーム、ユーザーインターフェイス、およびメニューバーを作成することができます.

AutoHotkey 主な機能:
サウンドカードの音量、ミュート、およびその他の設定を変更します。ウィンドウを透明にしたり、常に最前面に配置したり、その形状を変更したりします。ジョイスティックまたはキーボードをマウスとして使用します。システムを監視してください。たとえば、表示された瞬間に不要なウィンドウを閉じます。エクスプローラウィンドウからコピーしたファイル名を含む、クリップボードの内容を取得して変更します。 Win + E や Win + R などの Windows の独自のショートカットキーを無効または無効にします。 Alt-Tab(キー、マウスホイール、またはボタンを使用)の代わりに RSI を緩和します。独自のアイコン、ツールヒント、メニュー項目、およびサブメニューでトレイアイコンメニューをカスタマイズします。ダイアログボックス、ツールチップ、バルーンヒント、ポップアップメニューを表示して、ユーザーと対話します。システムのシャットダウンまたはログオフに応答してスクリプトによるアクションを実行します。ユーザーがアイドル状態になっている時間を検出します。たとえば、CPU 集中型タスクは、ユーザーが離れている場合にのみ実行します。画像やピクセルの色を検出することで、ゲームの動作を自動化します(RSI の緩和などの正当な使用を意図しています)。他の言語よりも簡単にテキストファイルの読み込み、書き込み、および解析ができます。ワイルドカードパターンに一致する一連のファイルに対して操作を実行します。レジストリと INI ファイルを操作します。

ファイルのバージョン CudaText 1.98.2.0 (64-bit)
ファイル名 cudatext-win-x64-1.98.2.0.zip
ファイルサイズ 11.95 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Chris Mallett
更新日
更新時間 2020-05-01
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed:
- crash on start on Linux (some Lazarus bug)
- Emmet bug with "!" abbrev
- Emmet bug with "span.classname"
- crash of External Tools/ FindInFiles on files with null bytes
- on app closing, hex viewer painted something on Windows desktop
- not smooth edge of triangled ui-tabs (bug from someone's patch to ATTabs)
- italic "comments" at line ends were cropped with some fonts

ファイルのダウンロード Download
  • AutoHotkey Screenshot 1AutoHotkey Screenshot 2AutoHotkey Screenshot 3AutoHotkey Screenshot 4AutoHotkey Screenshot 5