Bandizip、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.28.0 (64-bit)

Bandizip は、使いやすいインターフェイスを備えた超高速ファイル圧縮ソフトウェアです。 ZIP、7Z、TAR、ISO などの独自の圧縮ファイルを作成し、RAR のような最も一般的な圧縮ファイルを抽出することができます。 AZ、ALZ、APK、ARJ、BH、BIN、BZ、BZ2、CAB、EGG、GZ、J2J、JAR などの Zip、ZipX、TAR、TGZ、LZH、ISO、7Z、EXE を作成できます。 IMZ、IPA、ISZ、LHA、LZMA、PMA、TBZ、TBZ2、TGZ、TLZ、TXZ、UDF、WAR、WIM、XPI、XZ、および Z アーカイブファイル。このプログラムは、Zip(zip、z01、z02、7z.001)、Zipx(zipx、zx01、zx02)、7Z(7z.001,7z.002)、および EXE(exe、e01、e02)のような分割圧縮ファイルを作成できます。 )を 25MB または 700MB などの特定のサイズに設定します。また、WinRAR によって作成された分割 RAR ファイル(.part1.rar、.part2.rar)を抽出することもできます。 Bandizip 無料の Windows PC 用最新バージョンをダウンロードしてください。 Bandizip.

Bandizip の完全オフラインセットアップインストーラは、7z または zipx ファイル形式を作成する際に最も安全な暗号化アルゴリズムの 1 つである AES-256 暗号化を使用します。 WinZip、WinRAR、7-Zip を含むあらゆる種類のファイル圧縮ソフトウェアを使用して、Bandizip で圧縮されたアーカイブを抽出することができます。 Bandizip では、Windows エクスプローラで右クリックメニューを使用して圧縮コンテンツをプレビューできます。さらに、圧縮された ZIP、RAR、7Z、LZH、または TAR ファイルに含まれているイメージファイルを抽出せずに直接見ることができます。 Bandizip のもう 1 つの利点は、Unicode を完全にサポートしてアーカイブ内のファイル名に国際文字を表示できることです。韓国語、中国語、日本語、ロシア語などの英語以外の文字は正しく処理され、元のファイル名を破棄することなく抽出されます.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.28.0 (64-bit)
ファイル名 Postman-win64-7.28.0-Setup.exe
ファイルサイズ 87.07 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Bandisoft
更新日 http://www.bandisoft.com/bandizip/
更新時間 2020-07-13
ログを更新する

What's new in this version:

Improvements:
- We've made several improvements to the request authoring experience by making the app easier to navigate and customize #7035, #5903: You can now drag the request and response panes, the sidebar, and the Find and Replace pane to resize and collapse them. We have also removed the top-level scroll to fix the scroll-within-a-scroll issue.

We have also improved the debugging experience by showing Console data directly in the app:
- When inspecting a response, you can now view the pre-request scripts, tests, and request logs by selecting the Console button on the app footer
- You can also access the same Console pane from the Collection Runner, allowing you to get right to debugging all your runs without a moment's delay
- When sending requests, the “Use next generation URL processing” setting will be enabled by default. Learn more about this URL processing system
- You can now join any workspace you don’t already belong to directly from the workspace switcher

Bug Fixes:
- Fixed an issue when editing a JSON request body where Postman variables with escaped characters would not be highlighted correctly
- Fixed an issue when editing a GraphQL request body where the String type was incorrectly highlighted as missing type
- Fixed a bug when uploading a profile picture with a transparent background, where the stock picture would still be visible behind the user’s picture
- Fixed an issue where importing schemas via links wasn’t working
- Fixed an issue where code snippets for cURL, Java, NodeJS, Python, and Swift didn’t have correctly escaped single quotes in the URL

ファイルのダウンロード Download
  • Bandizip Screenshot 1Bandizip Screenshot 2Bandizip Screenshot 3