Bandizip、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.21.0 (64-bit)

Bandizip は、使いやすいインターフェイスを備えた超高速ファイル圧縮ソフトウェアです。 ZIP、7Z、TAR、ISO などの独自の圧縮ファイルを作成し、RAR のような最も一般的な圧縮ファイルを抽出することができます。 AZ、ALZ、APK、ARJ、BH、BIN、BZ、BZ2、CAB、EGG、GZ、J2J、JAR などの Zip、ZipX、TAR、TGZ、LZH、ISO、7Z、EXE を作成できます。 IMZ、IPA、ISZ、LHA、LZMA、PMA、TBZ、TBZ2、TGZ、TLZ、TXZ、UDF、WAR、WIM、XPI、XZ、および Z アーカイブファイル。このプログラムは、Zip(zip、z01、z02、7z.001)、Zipx(zipx、zx01、zx02)、7Z(7z.001,7z.002)、および EXE(exe、e01、e02)のような分割圧縮ファイルを作成できます。 )を 25MB または 700MB などの特定のサイズに設定します。また、WinRAR によって作成された分割 RAR ファイル(.part1.rar、.part2.rar)を抽出することもできます。 Bandizip 無料の Windows PC 用最新バージョンをダウンロードしてください。 Bandizip.

Bandizip の完全オフラインセットアップインストーラは、7z または zipx ファイル形式を作成する際に最も安全な暗号化アルゴリズムの 1 つである AES-256 暗号化を使用します。 WinZip、WinRAR、7-Zip を含むあらゆる種類のファイル圧縮ソフトウェアを使用して、Bandizip で圧縮されたアーカイブを抽出することができます。 Bandizip では、Windows エクスプローラで右クリックメニューを使用して圧縮コンテンツをプレビューできます。さらに、圧縮された ZIP、RAR、7Z、LZH、または TAR ファイルに含まれているイメージファイルを抽出せずに直接見ることができます。 Bandizip のもう 1 つの利点は、Unicode を完全にサポートしてアーカイブ内のファイル名に国際文字を表示できることです。韓国語、中国語、日本語、ロシア語などの英語以外の文字は正しく処理され、元のファイル名を破棄することなく抽出されます.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.21.0 (64-bit)
ファイル名 Postman-win64-7.21.0-Setup.exe
ファイルサイズ 77.99 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Bandisoft
更新日 http://www.bandisoft.com/bandizip/
更新時間 2020-03-23
ログを更新する

What's new in this version:

- Added descriptions for Request Timeout and Max Response Size options in App Settings
- Show a warning for credentials that need encoding in OAuth2 client credentials grant type
- Added additional parameter "Expires" by default when adding a new Cookie manually in Manage Cookies modal
- Performance improvements in History Sidebar
- Added application/vnd.api+json to the list of header autocomplete suggestions
- Added ability to disable saving response when user does not have permissions to edit the request
- Fixed an issue where open tabs in the current workspace were not shown on launching the app
- Better memory usage for tabs with optimised memory management for recently closed tabs
- Fixed a bug where the workspace create modal had pre-populated name of the last workspace created
- Fixed a bug where renaming a request while a filter was set in collection sidebar expanded all items again
- Fix missing fork label on Collection Explorer in Runner
- Fix missing total run time in runner's export run result
- Runner Results shows "No Environment" on retry even if environment is used
- Fixed a bug where opening OAuth2 manage tokens dialog was causing error
- Fixed a bug where contents in the request builder tab would overflow in small window size
- Fixed a bug where API sidebar items were not scrolling into view when navigating using key-press
- Added support for proxy server authentication for accessing Postman's online features
- Added support for visualizing whitespaces and highlighting invalid characters
- Live preview of headers, query and body params in request
- Added an option to toggle encoding of Authorization header in OAuth1
- Conflict Resolution UI
- Updated the "create new API" flow from the Launchpad and the "+ New" button

ファイルのダウンロード Download
  • Bandizip Screenshot 1Bandizip Screenshot 2Bandizip Screenshot 3