Brave Browser (64-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Stunnel 5.58

新しい Brave ブラウザ 64 ビットは広告とトラッカーを自動的にブロックし、現在のブラウザより速くて安全です。実際のコンテンツ以外のすべてを取り除くと、ページがどのくらい速く読み込まれるかは驚くべきことです。ページ読み込み時間が最大 60%になるのは、お気に入りのニュースサイトのページを表示するたびにさまざまな場所に読み込まれる基礎となる広告技術によって引き起こされます。そして、その 20%は、あなたについてもっと学びたいことを積み込むために費やされる時間です。ダウンロード Brave Browser 64 ビットオフラインインストーラセットアップ!

Brave は Chromium ベースのウェブブラウザで、そのパフォーマンスと Web の互換性は Chromium.

をベースにした他のブラウザと非常によく似ています。ブラウザ機能:

Browse Faster
Brave ブロックトラッカーと Web 上であなたを遅らせる侵入型広告.

Browse Safer
Brave 64 ビットは、あなたとあなたの情報をより安全に保ち、第三者による追跡とマルチーゼーションから効果的に保護します.

Browse Better
あなたは、あなたのプライバシーを尊重する広告を見るか、サイトを直接。いずれにしても、コンテンツクリエイターの資金調達に役立てることができます.

ブロックブロック有害広告掲載
町に新しい広告ゲームがあります。それは「悪意のある人」と呼ばれています。最新のディスプレイ広告技術は、知らないうちにノートパソコンにマルウェアをインストールする可能性があります。しかし Brave があなたの背中を見ているわけではありません.

Brave はサイトを HTTPS
にリダイレクトします。「すべての Brave ブラウザに HTTPS Everywhere を統合して、常に安全なパイプにビットを移動しています。ダウンロード Brave Browser 64 ビットオフラインインストーラセットアップ!

ブロックブロックピクセルとトラッキング Cookies
数日前に購入したものの広告を見たときに誰かがあなたを見ているような気分になったことはありますか? Brave Browser for Mac

をダウンロードしてください。オンラインでお買い物をしたり、お気に入りのサイトを閲覧したりしている間は、追跡されていないことを確認しています.

Also

ファイルのバージョン Stunnel 5.58
ファイル名 stunnel-5.58-win64-installer.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Brave Software Inc.
更新日 https://www.brave.com
更新時間 2021-02-21
ログを更新する

What's new in this version:

Security bugfixes:
- The "redirect" option was fixed to properly handle unauthenticated requests
- Fixed a double free with OpenSSL older than 1.1.0
- OpenSSL DLLs updated to version 1.1.1j

New features:
- New 'protocolHeader' service-level option to insert custom 'connect' protocol negotiation headers. This feature can be used to impersonate other software (e.g. web browsers)
- 'protocolHost' can also be used to control the client SMTP protocol negotiation HELO/EHLO value
- Initial FIPS 3.0 support

Bug-fixes:
- X.509v3 extensions required by modern versions of OpenSSL are added to generated self-signed test certificates
- Fixed a tiny memory leak in configuration file reload error handling
- Merged Debian 05-typos.patch
- Merged with minor changes Debian 06-hup-separate.patch
- Merged Debian 07-imap-capabilities.patch
- Merged Debian 08-addrconfig-workaround.patch
- Fixed tests on the WSL2 platform
- NSIS installer updated to version 3.06 to fix a multiuser installation bug on some platforms, including 64-bit XP
- Fixed engine initialization
- FIPS TLS feature is reported when a provider or container is available, and not when FIPS control API is available

ファイルのダウンロード Download
  • Brave Browser (64-bit) Screenshot 1Brave Browser (64-bit) Screenshot 2Brave Browser (64-bit) Screenshot 3Brave Browser (64-bit) Screenshot 4Brave Browser (64-bit) Screenshot 5