Firebird (32-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Firebird 3.0.2 (32-bit)

Firebird は、Linux、Windows、およびさまざまな Unix プラットフォーム上で動作する ANSI SQL 標準機能を多数提供するリレーショナルデータベースです。 Firebird は、ストアドプロシージャとトリガの優れた同時実行性、高性能、強力な言語サポートを提供します。これは、生産システムでは、1981.

以来、様々な名前の下で使用されています Firebird プロジェクトは、商業的に独立したプロジェクトの C と C + + のプログラマー、技術顧問とサポーターを開発し、ソースコードに基づいてマルチプラットフォームのリレーショナルデータベース管理システム 2000 年 7 月 25 日に Inprise Corp(現ボーランド・ソフトウェア・コーポレーション)によってリリースされました.6.6235896
Anyone は、同じ IDPL ライセンスのもとで、変更が利用可能になり、他の人が使用して構築できる限り、Firebird のカスタムバージョンを構築できます。あなたの商用ソフトウェアパッケージの一部として Firebird を配布しても、ダウンロード、登録、ライセンス、または配備のための料金はかかりません.

Firebird 特長:
すべての主要なプラットフォームとオペレーションシステムのサポート多世代アーキテクチャ強力で開発者に優しい SQL 言語ロギングとモニタリング Windows Firebird for Mac

をダウンロードしてください(Firebird.NET、JayBird(Java)、Delphi / C ++、PHP、FireRuby ...)

ファイルのバージョン Firebird 3.0.2 (32-bit)
ファイル名 Firebird-3.0.2.32703_0_Win32.exe
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Firebird Project
更新日 http://www.firebirdsql.org/
更新時間 2017-03-26
ログを更新する

What's new in this version:

New Feature:
- Support was added for fast/low-latency “TCP Loopback Fast Path” functionality introduced in Windows 8 and Server 2012. This feature is said to improve the performance of the TCP stack for local loopback connections, by short-circuiting the TCP stack for local calls. The details of the feature can be found in this Microsoft Technet blog

Improvements:
- It is now possible to filter out info and warnings from the trace log
- Enhanced control capability when sharing the database crypt key between Superserver attachments
- The physical numbers of frequently used data pages are now cached to reduce the number of fetches of pointer pages
- A read-only transaction will no longer force write the HeaderTIP page content to disk immediately after a change. This improvement gives a significant performance gain where there are numerous light read-only transactions. At this stage, it affects only servers in SS mode. For CS and SC it is more complex to implement and should appear in Firebird 4.0
- The database name was made available to an encryption plug-in
- libfbclient.so was compiled for Android (x86/x86-64/arm64)
- Nesting of keys in a plug-in configuration was enabled
- The Linux code is now built with --enable-binreloc and an option was included in the installer script to install in locations other than /opt/firebird
- For Trace, a filter has been provided to INCLUDE / EXCLUDE errors by their mnemonical names
- Android port (arm32)
- A port was done and tested for Linux on the ancient Motorola 680000 CPU platform to satisfy some requirement from Debian
- Support has been added to enable SELECT expressions to be valid operands for the BETWEEN predicate

ファイルのダウンロード Download
  • Firebird (32-bit) Screenshot 1Firebird (32-bit) Screenshot 2Firebird (32-bit) Screenshot 3