Memory History Tool 2.7.2.6 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Windows ベンチマーク Thomas Petro Freeware Rate 100

Memory History Tool、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Memory History Tool 2.7.2.6

Memory History Tool は、メモリ使用量モニタソフトウェアです。 Microsoft Windows システムのメモリ使用量と実行中のプロセスの履歴データをリアルタイムで計算して収集するための、ウイルス対策サポートを備えたフリーウェアの軽量でポータブルなシステムソフトウェアです。 Memory History Tool は、最新の Windows エディションと Windows Server オペレーティングシステムをサポートしています.

を使用して Memory History Tool システムメモリの履歴データを診断し、メモリを最大限消費するプロセスを検索し、選択したプロセスまたはすべてのプロセスのプロセスごとのメモリ使用量グラフを表示します。インストールされたシステムメモリ(RAM)があなたの好きなゲーム、CAD / デザインソフトウェア、ビデオ編集アプリケーションの日々の使用に十分であるかどうか、またはシステムサービスを無効にしたり、プロセスを停止したり、面倒なアプリケーションをアンインストールしたり、アップグレードする必要がある実行中のプロセスを探索したり、未知のプロセスやすべてのメモリをウイルススキャンしたり、フォルダパスを簡単に確認したり、プロパティを表示したり、シンプルでポータブルな csv ファイル形式にエクスポートすることができます。このユーティリティはあなたのために仕事をすることができます。あなたが離れている間、それは絶え間なく働いているので、いつでもヒストリカルなデータを分析することができます。数時間または数日間ソフトウェアを稼働させると、システムリソースに関するより良い画像が得られます。あなたが好きな Windows 版を使用しているときに何が起こっているのかを理解したい場合は、このツールを選択することができます。あなたのブラウザ / Windows Update / Security のソフトウェア / ゲームがどれほどの量の RAM を食べて、オペレーションシステムの応答が遅くなり、その経験が悪化するかは驚かれるでしょう。 Memory History Tool は Windows PC 用の驚くべきツールです

Memory History Tool 特長:
ポータブルでインストール不要システムメモリの情報を表示使いやすくシンプルなインターフェイス合計、利用可能なメモリ負荷の表示最小、最大、平均履歴使用率グラフをリアルタイムで描画します一時停止 / 現在のプロセスリストのクエリと表示プロセスアクティビティの検出、監視、記録プロセスの検出 TCP / UDP アクティビティの検出、選択されたプロセスの監視 CPU 使用統計、選択された CPU コア統計 CPU アクティビティのファイルへの記録カスタマイズ可能なサウンドエフェクト csv ファイル 1 つのファイルまたは一連のファイルを csv 形式でエクスポートする OS で自動起動するアニメーション、サウンドエフェクト Angry Birds やフレンドリーなバグを恐れないでください:)カスタマイズ可能なグラフィックス軽量ソフトウェア、インストール不要ポータブル、外部ドライブから実行可能: USB、フラッシュなど標準 MS Windows 7 ガジェットよりも読み込み時間が速い可能な限り少量のリソースを使用します。使用制限なしでライセンスを無料で使用できます。アドウェア、スパイウェア、ウイルスフリー、隠しメッセージなし、広告なし

ファイルのバージョン Memory History Tool 2.7.2.6
ファイル名 MemHistory.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Thomas Petro
更新日 http://www.lattonsoft.hu/memhistory/
更新時間 2017-11-15
ログを更新する

What's new in this version:

Memory History Tool 2.7.2.6
- Autorun fix for Windows 7/8/10 using Task Scheduler
- System bottleneck detection (detect if CPU and/or system memory usage is too high)
- Program running time indication on Main Screen
- Desktop shortcut created from the Program Settings has Admin privileges
- The Main Menu can be always visible
- Additional graphic elements indicating performance with colors on Main Screen
- Optimized EmailSendProc.exe
- Automatic warning Email contains much more info and statistics about the system (CPU cores usage, memory usage, processes,...). To view a sample e-mail please click on link Sample1 or Sample2 (text format)
- Automatic warning Email contains system PageFile statistics
- Current Pagefile usage on Main Screen
- Automatic backup of the detected processes file
- Reset memory usage statistics of a selected process
- Optimizations, bug fixes
- Before publication the executables were checked on VirusTotal. Detections are false positive. Click on MemHistoryFree.exe or EmailSendProc.exe to view the results

Memory History Tool 2.6.2.6
- Change log not available for this version

Memory History Tool 2.5.1.8
- Some Premium features are enabled in the freeware version
- Reworked program settings
- Enhanced 'portability'
- User related questions can be disabled in the freeware version
- The user can define/select on which process info should appear on main graph
- Optimizations, bug fixes

Memory History Tool 2.3.1.79
- Windows 10 Memory Compression process detection fix
- Windows 10 Memory Compression indication on main screen with icon and text
- Sound effects on/off indication on main screen with icon

Memory History Tool 2.2.0.46
- Per process memory usage graph - Selected or All running processes
- Per process memory usage max/ actual memory working set
- Export memory statistics of running and stopped processes
- Theoretical max system memory usage ( not equal to system load maximum in MB )
- Copy graphs to Clipboard
- Auto shortcut creation on Desktop
- Optimizations, bug fixes
- Windows XP support
- New software icon

Memory History Tool 2.1.0.20
- Delta value: Load max and Load min difference in MB
- Top process and Delta color modified, text size is bigger on main window
- Antivirus boot sector and memory scan from Process List
- After virus scanning of a process, user can decide to mark the process as checked (as safe) or not
- Process information refresh interval in settings [1..60] sec, default 6 sec.
- Memory Load increased/decreased/not changed indication on main window (blue arrows)
- System Load is in the Top Process List and in the csv file
- Bug fixes, Digit Grouping Symbol error from previous versions fixed
- Known/unknown process indication on main window
- Avast Antivirus support: Avast Pro Antivirus/ Avast Internet Security
- Virus scan parameters ini file, View parameters from program: click on the Antivirus logo

ファイルのダウンロード Download
  • Memory History Tool Screenshot 1Memory History Tool Screenshot 2Memory History Tool Screenshot 3Memory History Tool Screenshot 4