Mp3tag、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Mp3tag 3.01

Mp3tag は、ID3v1、ID3v2.3、ID3v2.4、iTunes MP4、WMA、Vorbis Comments、APE Tags をサポートしている一般的なオーディオフォーマットのメタデータを編集するための強力でしかも使いやすいツールです.

タグ情報、タグやファイル名の文字や単語の置き換え、タグ情報のインポート / エクスポート、プレイリストの作成などが含まれます.

Mp3tag は Amazon データベース、discogs、freedb などのオンラインデータベース参照をサポートしています。あなたの音楽ライブラリ.

Mp3tag 特集:

バッチタグ編集
ID3v1.1、ID3v2.3、ID3v2.3、ID3v2.4、MP4、WMA、APEv2 タグと Vorbis のコメント複数のファイルへのコメント once.

カバーアートのサポート
アルバムカバーをダウンロードし、 Amazon、discogs、freedb、MusicBrainz
、Amazon、discogs、freedb、MusicBrainz などのオンラインデータベースからの入力タグを保存し、Amazon、discogs、freedb からさらに shiny.

をインポートします。

タグからのファイル名を変更する
タグ情報に基づいてファイル名を変更し、ファイル名からタグをインポートします.

HTML にエクスポートします.

を編集すると、自動的にプレイリストが作成され、管理されます.

タグやファイル名に文字列を置き換えます(正規表現をサポートします).

再生リストを自動的に作成します。 RTF、CSV
ユーザー定義のテンプレートに基づいて素晴らしいレポートとコレクションを作成します.

フル Unicode サポート
ユーザーインターフェイスとタグ付けは、完全に Unicode に準拠しています.8997423

ファイルのバージョン Mp3tag 3.01
ファイル名 mp3tagv301setup.exe
ファイルサイズ 3.41 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Florian Heidenreich
更新日 http://www.mp3tag.de/en/
更新時間 2020-03-28
ログを更新する

What's new in this version:

Changes:
- Replace action now uses more characters to detect word boundaries if match as whole word is enabled
- Optimized performance of local freedb index creation
- Added option to retry write to file operations from file list if file is being used by another application
- Added option to retry write to file operations if file is being used by another app
- Web sources commands `debug` and `debugwriteinput` now use app data directory as base if output filename has relative path
- Moved MP4-related optimization functions to Utils submenu in right-click context menu
- Added link to privacy policy from help menu as now required by Microsoft Store guidelines

Fixes:
- Save configuration did not include *.inc files from tag sources directory
- Multi-field search for tag sources did not expand search placeholder `%s` in URLs anymore
- Multi-field search for album-only tag sources used encoding on whole parameter fragment when building URLs
- Possible runtime error when editing files via the file list while files were loading
- Filtered file list was not refreshed in some cases when files were added via drag and drop
- List column width was not automatically adjusted when resizing action and export dialogs
- Saving MP4 with existing QuickTime chapters used global title instead of chapter names when creating Nero chapters. local freedb index database was deleted right after creation in some cases
- Populating the context menu and setting the context-menu item texts was off in some cases
- FIX: track length for Matroska files with chapters was length of first chapter also if listing of chapters as separate files was disabled
- ITunes Soundcheck data produced by $rg2sc() was not detected for MP3 ID3v2 anymore
- Possible memory issue when handling Apple QuickTime chapter information
- Web sources command `gotoline` failed if target line was empty
- Navigation via tab was not possible at extended tags dialog if previous or next buttons reached the end and got disabled

New:
- Added support for WebM Container *.webm files
- Added support for WebM Container *.webm for Explorer context menu shell extension
- Added support for `*.jfif` image file extension when adding cover art
- Added 'Adjust cover' to resize cover art via cover context menu
- Added link to privacy policy from help menu as now required by Microsoft Store guidelines

ファイルのダウンロード Download
  • Mp3tag Screenshot 1Mp3tag Screenshot 2Mp3tag Screenshot 3