Mumble、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Mumble 1.3.0

Mumble は、誰もがグループ環境でチャットできるようにするという目的を持った、フリーでオープンソースのオーディオチャットソフトウェアです。  これには、学校プロジェクト、ビジネスミーティング、または(多くの場合、)組織化されたビデオゲームのために大量の人との音声電話を設定することが含まれます。これと他の多くのオンラインコミュニケーションセッションは、Mumble の助けを借りて非常に充実しています。誰が誰と話すことができるかを厳重に管理したい司会者にとって魅力的なユーザー権限やその他の機能の管理を制御できますビジネス、または各ゲームセッション、グループまたはゲームのための別々の部屋のゲームで)。 Mumble はあなたがそれを簡単にするのを助けるためにそこにあります。ユーザーは自分のサーバーをホストし、自分のチャンネルを管理し、オーディオセッションを記録し、自分のマイクをミュートしたいときや、受信した音声通信をミュートするときを手動で制御するようにユーザーを招待することができます。

メインインターフェイス Mumble は非常によく設計されています。メインダッシュボードは、接続しているサーバーからチャットルームを一覧表示することに重点を置いています。あなたのチャット経験の詳細なカスタマイズは、上記のメインの男性の行にあるツールで見つけることができます.

Mumble は、  同時に大量の人の間で音声チャット。これは 2 つの基本モジュール - Mumble クライアントと Mumble サーバー - に分散されています。この設定により、ユーザー間の音声チャットの最大のセキュリティ、オーディオ品質、および信頼性が保証されます.

Mumble 特長:
低レイテンシーで低帯域幅の使用方法優れた音声品質(音声プリプロセスとノイズキャンセル)エコー除去位置指定オーディオ(サポートされているゲームあなたの耳に)ユーザーのためのオーバーレイ ACL(プログラムとサーバーの状態の更新を聞く)利用可能なもの:Mac

の Mumble のダウンロード

ファイルのバージョン Mumble 1.3.0
ファイル名 mumble-1.3.0.msi
ファイルサイズ 23.25 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Thorvald Natvig
更新日 http://mumble.sourceforge.net/
更新時間 2019-09-11
ログを更新する

What's new in this version:

- This change log lists changes from Mumble 1.2.19 to Mumble 1.3.0
- We may extend this post with a few featured highlights, or improvements to the change list and details to individual items
- Changes are categorized into Features, Improvements, Bugfixes, and code related changes
- On the second level, changes are grouped into related changes, or into “various changes” groups
- Changes are prefixed according to who it affects (e.g. the end user, or a server administrator), and what functionality or area it relates to
- Group details can be expanded and individual commits can be explored. Although the overview listing should give enough information for normal users. The linked commits are mainly for traceability, reasoning, and completeness-checks

The affected user prefix separates the admin user into three tiers:
- T1 = Tier 1: Using the Mumble client in GUI administration features.
- T2 = Tier 2: OS lifecycle management, server-local command line control, Process control, meta-servers (one process multiple servers)
- T3 = Tier 3: Scripting via API, etc
- Features (64 groups)
- Improvements (36 groups)
- Bugfixes (14 groups)
- Code (25 groups)

ファイルのダウンロード Download
  • Mumble Screenshot 1Mumble Screenshot 2Mumble Screenshot 3Mumble Screenshot 4