RipBot264、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

RipBot264 1.24.0

RipBot264 は Windows PC 用オールインワンコンバータを使いやすいです。エキゾチックなフィルタや不要な設定を使わずに DVD、Blu-ray、その他のビデオを iPod、iPad、PSP、PS3、XBOX360、PC、MAC、MP4、MKV、Blu-ray または AVCHD に変換できます.

RipBot264 は、ビデオ文書をさまざまな組織に迅速かつ容易に変更できるようにするために作成されたので、どこにいてもそれらを持ち運んで視聴することができます。

アプリケーションが最も普及しているビデオ文書を利用できるようになったため、活発な変換により、主流のガジェットの大部分で録画を再生できるようにする必要があります。インタフェースは非常に自然であり、必要不可欠なクライアントであっても、問題が発生する可能性はありませんが、手順全体を手助けするための便利なガイドがあります。あなたの録音を単に変更する以上のことを達成したい場合は、さらに推進力のある選択肢があります.

注:7-Zip を使用してアーカイブを解凍します.8997423

ファイルのバージョン RipBot264 1.24.0
ファイル名 RipBot264v1.24.0.7z
ファイルサイズ 133.52 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Atak Snajpera
更新日 http://forum.doom9.org/showthread.php?t=127611
更新時間 2019-01-23
ログを更新する

What's new in this version:

Added:
- Two new options in RipBot264.ini (RunCommandSuccess,RunCommandError)
- CPU utilization graph in EncodingServer and in EncodingClient.
- KNLMeansCL [Adaptive] denoiser. (denoising strength is being reduced according to luminosity of the pixel)
- /server-name , /avisynth-prefetch-threads and /knlmeanscl-opencl-device-type to supported switches by EncodingServer.exe.
- /restart-if-no-progress switch also activates extra process (SuperviseProcess.exe) in order to detect any hangs directly in EncodingServer.exe.
(logs are stored in %TEMP%SuperviseProcessLog.txt and %TEMP%EncodingServerLog.txt)
- Auto reconnect option in EncodingClient.exe

Changed:
- /knlmeanscl-opencl-device to /knlmeanscl-opencl-device-id and /x264-opencl-device to /x264-opencl-device-id
- EncodingClient no longer re-indexes video file

Fixed:
- EncodingServer.exe not starting on machines with more than 32 logical processors
- Instability in EncodingServer on some machines

ファイルのダウンロード Download
  • RipBot264 Screenshot 1RipBot264 Screenshot 2