SpiderOakONE (64-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SpiderOakONE 7.5.0 (64-bit)

SpiderOakONE 64 ビット(旧称 SpiderOak)は、オンラインバックアップ、安全なファイル同期、およびクラウドベースのサービスでの簡単な共有を組み合わせています。デスクトップクライアントは、Windows、Mac OS X、および複数の Linux ディストリビューションで使用できます。アカウント作成後数ギガバイトの無料ストレージが利用可能になり、月額または年間料金で 100+ GB にアップグレードできます。

SpiderOakONE 64 ビットは、無料オンラインバックアップ、リモートアクセス、同期、共有、およびストレージの各機能を 1 つのツールに統合します。データバックアップは、ネットワークドライブ、USB キー、外部ドライブ、CD / DVD、およびその他のストレージメディアだけでなく、ローカルハードドライブからも実行できます。サードパーティのアクセスを防ぐために、すべてのデータは暗号化されて保存され、安全な SSL 接続を介して暗号化されて転送されます。これらの機能は、無料サービスとサブスクリプションサービスの両方で利用できます.

SpiderOakONE 機能:

Access Anywhere
どこに行っても、重要な文書、写真、ビデオのすべてに接続できます。あなたのポケット、あなたのバックパック、またはあなたの desk.66235896
Unlimited Devices
Macbook、Windows デスクトップ、Linux サーバー、2 台の iPhone とドロイドタブレットを持っているかどうか、任意のデバイスからあなたのデータにアクセスできますか? ?問題ない。あなたが好きなだけ多くのデバイスやオペレーティングシステムにシンクします.

すべてを復元する
あなたのデータを SpiderOakONE までバックアップし、ラップトップ、電話、タブレットに何が起こってもデータは常に利用可能です.

Trash Recovery
誤ってファイルを削除した場合でもあなたのコンピュータは、SpiderOak がコピーを保持しているので、何かを失うことを心配する必要はありません.

常にあなたのデータを安全に最新の状態に保つために、バックグラウンドで静かに動作しています.

Keep すべてのバージョン
ファイルを編集する場合は、そのファイルの全バージョン作成から最終まで.

注:60 日間の試用版。ストレージスペースは、未登録のバージョンで 2 ギガバイトに制限されています.

Also Available:SpiderOak for Mac

ファイルのバージョン SpiderOakONE 7.5.0 (64-bit)
ファイル名 SpiderOakONESetup-7.5.0-x64.exe
ファイルサイズ 27 MB
オペレーティングシステム Windows XP64 / Vista64 / Windows 7 64 / Windows 8 64 / Windows 10 64
ソフトウェアタイプ Trial
著者 SpiderOak Inc.
更新日 https://www.spideroak.com/
更新時間 2019-02-15
ログを更新する

What's new in this version:

SpiderOakONE 7.5.0 (64-bit)
- Change log not available for this version


SpiderOakONE 7.4.0 (64-bit)
- Change log not available for this version


SpiderOakONE 7.3.0 (64-bit)
- Disable LAN sync by default
- Limit length for email on signup
- Only show currently backed up folders when setting up Sync
- Remove preview generator
- Improve settings UX by making preferences show in a more consistent way
- Force TLSv1.2 method for TLS connections in Windows


SpiderOakONE 7.2.0 (64-bit)

Changes:
- Add notice for data storage
- Normalize naming conventions
- Calculate space usage in a more efficient way

Bug Fixes:
- Fix sync bug where the client reports that it can’t find a journal
- (Groups only) Fix icons in dashboard for policy enforcement


SpiderOakONE 7.1.0 (64-bit)

Changes:
- Command line help improved/updated
- Manpage improved/updated
- Backup file/directory deselection behavior improved
- Update Hive icon branding
- Restart no longer required when changing size/age file restrictions.

Bug Fixes:
- Prevent unicode related sync issues
- Prevent preferences from freezing under certain conditions


SpiderOakONE 7.0.1 (64-bit)
- Updated SSL certificate pins based on CA changes in spideroak.com


SpiderOakONE 7.0.0 (64-bit)

Features:
- Redesign of the UI

Bug Fixes:
- Fix support links
- Fix for edge case where files can become 0 bytes in syncs
- --purge-historical-versions improvements
- Removable media detection improvements
- Fix an issue that was causing the client to get stuck at “Calculations pending” state


SpiderOakONE 6.4.0 (64-bit)
Bug fixes:
- Language improvements
- Made CDM on Windows more robust
- Implemented secure unsharing
- Added High Sierra support


SpiderOakONE 6.3.0 (64-bit)
Our team recently investigated and resolved three bugs reported by security researchers at Aarhus University (Denmark) in April 2017. The following bugs were fixed:
1. bcrypt login scheme memory leak - This leak happened only at setup and was a bug in the third-party library SpiderOak uses; this bug leaked memory to the server. We didn't validate the parameters set by the server, which allowed the SpiderOak server to weaken the strength of the password hashing. We patched the third-party library and validated the parameters to address this issue.
2. escrow/challenge - This bug only applied to end-users of the SpiderOak Groups product. It was discovered that an end-user could be unintentionally tricked by the client into revealing their password to the server. The design could also result in the client transmitting the user's password unencrypted. A lot of the problem here was confusion caused by poor wording on SpiderOak's end around Fingerprints, which could have caused a user to unintentionally reveal their password to SpiderOak. To address this bug, we now validate the keys and updated the confusing text in the application.
3. Remote Procedure Call (RPC) - The client exposed two unsafe RPC methods, which could've been used to extract a user's password. The client had an option to enable remote diagnostics through which an additional unsafe remote procedure could have been exposed. This is a feature that was never implemented on SpiderOak's server so we've removed the offending code from the client.

ファイルのダウンロード Download
  • SpiderOakONE (64-bit) Screenshot 1SpiderOakONE (64-bit) Screenshot 2SpiderOakONE (64-bit) Screenshot 3SpiderOakONE (64-bit) Screenshot 4SpiderOakONE (64-bit) Screenshot 5