Unity、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Unity 2019.1.10

Unity は、ゲーム開発エコシステムです。強力なレンダリングエンジンと完全な直感的なツールセットと迅速なワークフローを組み合わせて、インタラクティブな 3D および 2D コンテンツを作成します。簡単なマルチプラットフォームパブリッシング。何千もの品質の既製アセットを資産保管店やナレッジシェアコミュニティに提供しています.

独立した開発者やスタジオ向けに、独占的に美しいゲームを制作するには時間とコストの障壁があります。彼らは Unity を使って、好きなことをやって生活を築いていきます。どのプラットフォームでもプレーヤーを魅了し楽しませるゲームを作成しています.

Unity 特集:

Workflow
直感的で拡張可能なエディタワークスペースであなたのシーンを素早くアセンブルします。完成したゲームに向けて迅速な繰り返しを再生、テスト、編集します.

Quality
任意の画面でスムーズでクリーンな AAA 視覚的忠実度、音声、フルスロットルアクションでゲームを作成します.

2D& 3D
共有された慣習を利用した効率的なワークフローによる 2D および 3D コンテンツ制作のための専用ツールを提供しています.

Animation
Unity 独自のパワフルで柔軟なアニメーションシステムは、自然かつ流動的な動きであらゆるキャラクターやオブジェクトを生き生きとさせます.

Performance
信頼できるパフォーマンス、滑らかなフレームレート、ターゲットプラットフォーム間でエクスペリエンスをプレイすることができます.

マルチプラットフォーム
他のゲームエンジンでは、手間のかからないデプロイメントで多くの出版プラットフォームを選択できません.

Unity Cloud Build
新しいクラウドビルドサービスで簡単に構築できます。プロジェクトの変更は作業中に検出され、ビルドは自動的にデバイスに配信されるか、Web.

注:Unity は無料で、Unity Pro.

Also の完全機能の 30 日間トライアルが付属しています。 Mac

ファイルのバージョン Unity 2019.1.10
ファイル名 UnityDownloadAssistant-2019.1.10f1.exe
ファイルサイズ 778.24 KB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Unity Technologies
更新日 http://unity3d.com/unity
更新時間 2019-07-13
ログを更新する

What's new in this version:

Fixes:
- 2D: Fixed the rendering for edges on Spriteshape sometimes not happening when building on PS4
- Android: Fixed UnityWebRequest incorrectly failing due to malformed cookie
- Editor: Fixed Play mode Color tint is not removed when Play mode cannot be entered due to compiler errors
- Editor: Fixed the editor crash when using EditorStyles.WordWrappedLabel inside a toggle group
- Graphics: Fixed crash in Material::SetFloat after calling Graphics.Blit() due to missing BlitTexArraySlice shader
- Graphics: Fixed for texture streaming crash switching Quality Level
- Graphics: Fixed for Xbox 32-bit float formats in UAVs not working
- IL2CPP: Implemented the Environment:GetBundledMachineConfig method to always return a null string
- IL2CPP: Improved the managed thread pool performance on Posix platforms
- LWRP: Eliminated extra time spent on shader compilation during the build when "Optimize Mesh Data" is enabled
- Mobile: Fixed cases where displaying Standalone player on second display would cause developer console to display twice
- Prefabs: Fixed nested Canvases not getting treated as nested Canvases in Prefab Mode if the Canvas had no visual elements (CanvasRenderers) under it. This could cause properties to get reset due to being driven as a Screen Space Canvas
- Scripting: Fixed issue with "Coroutine continue failure" being emitted in some cases when calling StopAllCoroutines() on a AsyncOperation
- Scripting: Fixed possible crashes in Editor when methods in UnsafeUtility receive a null pointer
- Scripting: Fixed serializedProperty.objectReferenceInstanceIDValue returns 0 for missing asset references
- Terrain: Fixed trees not being generated from Code in the Built Game when Terrain Data is created via Code using the Constructor
- UI: Fixed issue where Re-enabling game object with "Toggle group" loses information about previously checked toggle
- UnityLinker: Fixed a crash that could occur when a method has an unmanaged constraint
- Vulkan: Fixed memory leak when using Vulkan
- Windows: Fixed builds that use IL2CPP scripting backend not starting on Windows 7
- XR: Fixed app crashing when device is removed

ファイルのダウンロード Download
  • Unity Screenshot 1Unity Screenshot 2Unity Screenshot 3Unity Screenshot 4